梅の実ひじきふりかけ「えとや」福岡 | マツコ有吉の怒り新党

2015/09/03    0   0全国のお取り寄せ
福岡「十二堂えとや」梅の実ひじきを、マツコ有吉の怒り新党(テレビ朝日)で紹介。通販お取り寄せできる「十二堂えとや」梅の実ひじきの美味しさに、マツコ・デラックス&有吉弘行さんも大絶賛。ご飯のとも“ふりかけ”としてご飯にのせるのは勿論、アレンジレシピにも使えて、あると便利なお惣菜です。さらに、ふりかけ期&お茶漬け期についても語る。

梅の実ひじき

太宰府えとや 梅の実ひじき 648円

マツコ・デラックスが一時期ハマったのが「十二堂えとや」梅の実ひじきふりかけ。ひとつのパックを2回で食べ切ってしまうほど、ごはんの上にたっぷりとかけて食べていたというマツコさん。梅の実ひじきの美味しさは有吉さんも既に経験済みで、2人揃って大絶賛するお惣菜。

そんな、梅の実ひじきを作っているのは、福岡県・大宰府にある海産物等の加工販売を行う「十二堂えとや」。太宰府天満宮の参道にも販売店舗を構えているので、太宰府天満宮を訪れた方には馴染み深いお店かもしれません。

梅の実ひじき 150g  648円

肉厚ひじき&カリカリとした梅の実を合わせた、ご飯のとも。梅がそんなに得意でない方にも食べ易く、ご飯がすすむ逸品。ダイレクトにご飯に乗せて食べる以外にも、おにぎりの具材やチャーハン、混ぜご飯に加えたり、お弁当作りにも重宝しそう。

その他にも玉子焼きに少し混ぜてみたり、納豆や冷や奴のちょい足し、パスタ、サラダなど、様々な料理にアレンジ出来ます。

「十二堂えとや」の商品は、全国新聞社が厳選するお取り寄せサイト47クラブから注文可能。梅の実ひじき以外にも数種類あり、食べ比べセットや贈答用詰め合わせなども販売しています。

「十二堂えとや」お取り寄せ

十二堂えとや 太宰府五条本店

関連ランキング:和食(その他) | 西鉄五条駅太宰府駅

有吉「ふりかけ期」論

49歳の主婦から投稿された、娘のふりかけ好きについての怒り。おかずがあるにも関わらず、ふりかけでご飯を食べる娘について「折角作ったおかずを楽しまず、ふりかけでご飯を食べてしまう娘をどうすればイイですか?」と相談。そんな国民の怒りに対して「うまいなぁ、ふりかけ・・・」と呟く、有吉弘行さん。

続けて「反抗期とか成長期とか思春期みたいな感じで、ふりかけ期があるんだよね」と名言。おかずを邪険にしても、凄くふりかけが食べたい時期が訪れるという。そんな時は、実家の母親に「ふりかけだけは切らすな!」と言っていた広島時代。そんな有吉さんが好きだったのは土地柄、瀬戸内の小魚が入ったふりかけ。

大人になっても、ふりかけ好きは相変わらずで、今でもロケで地方の道の駅などに訪れると、ご当地ふりかけをついつい買って帰るそう。そして、思い出のふりかけについて語り出すマツコ・デラックス&有吉弘行さん。今でも売ってる懐かしのふりかけ話を聞いて、共感した人も多いのではないでしょうか。

瀬戸風味

三島食品 瀬戸風味 カップ45g

広島市認定の広島ブランドふりかけ。鰹削り節、のり、胡麻を主原料に、瀬戸の海をイメージした風味豊かなふりかけ。

丸美屋 ふりかけ3色パック

丸美屋 ふりかけ3色パック56g 249円

のりたま、たらこ、ごましおの3つの味を、仕切りのついたボトルにまとめた画期的な3色ふりかけ。マツコ・デラックスさんは思い出が強く残っているようで、食卓でごま塩だけが余ってしまうのですが、そのごま塩がなくならない限り買い替えが用意されなかった。

そこで、最後はごま塩を大量消費しようと、ご飯にたっぷり振りかけ「死ぬんじゃないか」と思えるほど、塩辛いご飯を食べていたと、苦い経験を語る。

「永谷園」お茶漬け期

「永谷園」お茶漬け期

おかずより、ふりかけ優先でご飯を食べる行動に対し「そんな時期あるのよ、子供には」と、理解を示す有吉さん。しかも、お茶漬け期もあったようで、お茶漬けといえば定番「永谷園」のごくシンプルなものが、有吉さんにとってのThis is お茶漬け!そのため和食店などで最後にお茶漬けを提供された時、そのビジュアルに「違うし・・・」と思ってしまうことも。

永谷園 お茶漬&柳川海苔詰合せ 2,467円

そんなお茶漬けの素、マツコ・デラックスの場合は熱湯やお茶をかけず、お茶漬けの素だけを乗せて食べていた時があり、おかきのパリパリ感においしさを感じていたそう。現在「永谷園」で販売しているのは、わさび茶漬け、梅茶漬け、たらこ茶漬け、ご当地限定茶漬けなどバリエーションも豊富。そして、二人のお気に入りは昔ながらの鮭茶漬け。
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?