魚料理びびんやカツオ炙り重に舌鼓!宮崎 | EXILEカジノJP

2015/09/11    0   0おいしい情報
宮崎「魚料理びびんや」に訪れたEXILE黒木啓司&橘ケンチの、EXILEカジノJP(フジテレビ)番外編。近海カツオの一本釣りが盛んな日南市の居酒屋「魚料理びびんや」で、カツオの炙り重の絶品カツオ飯を堪能。椀物は、魚肉を麺のように細長くした日南名物の魚うどん付き。EXILEカジノJP(フジテレビ)宮崎県観光大使・黒木啓司の故郷宮崎県を橘ケンチと巡る旅。

魚料理びびんや

JR日南線・油津駅から徒歩18分、油津港に面した場所にある居酒屋「魚料理びびんや」。“びび”とは、日南地方の方言で魚のこと。「魚料理びびんや」では、新鮮な地魚を思いっきり楽しめるメニューが100種類もあり、日南の郷土料理が味わえるのも魅力。

また日南市は、近海カツオの一本釣り漁獲量日本一を誇る漁場。そこで黒木啓司&橘ケンチの二人が頂いたのは、ご当地グルメ一本釣りカツオの炙り重。大きなトレーに一人用の七輪も配置された炙り重セットは、どこから手をつけていいか迷ってしまうほど。

カツオの炙り重 1,300円

2種類の漬けカツオが皿に盛り付けられており、自分で炙りながら頂くスタイル。生でも食べられる新鮮な漬けカツオなので、両面を軽く炙り半生状態で仕上げるのがオススメ。漬けることでカツオに味がついているので、炙ったらそのまま頂きます。

味付けの1つは、カツオの腹わたを塩辛にしてオリーブオイルと混ぜた漬けダレ。絶妙な塩加減とカツオのプリプリ食感がたまらない。もう1つは、コチュジャンベースの焼肉風カツオ漬け。鰹とコチュジャンが想像以上にマッチしています。

そして、お椀に入っているのは日南名物の魚うどん(ぎょうどん)。魚肉をチョット太めな麺のように加工した魚うどんに、ケンチは「食べたこと無い味。かまぼこを細くしてプチプチ感を出しつつ温めた感じ」と表現。

炙った漬けカツオはご飯に乗せ、最後はお茶漬けでいただく。その味に「カツオのダシと塩辛が合う。なかなか東京でを食べられない味」と、観光大使の啓司&初体験のケンチも大満足。

魚料理びびんや

http://bibinya.com/

Facebook

https://www.facebook.com/161309464073480/

びびんや

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 油津駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?