人形町「初音」老舗甘味処おしるこ&ぜんざい | にじいろジーン

甘味処「初音」おしるこ&ぜんざいを、にじいろジーン(関西テレビ)で紹介。平田満さん行きつけ東京・人形町「初音」は、170年続く老舗の甘味処。そこで平田満さん&ぐっさんは、江戸時代からある小倉おしるこ&小豆がたっぷり入った小倉ぜんざいをそれぞれ堪能。にじいろジーン(関西テレビ)ぐっさんを連れて行くならこんなトコ・平田満さんと人形町散策。

初音

昔ながらの甘味処「初音」

甘いものが大好きな平田満さんが案内したのは、水天宮前駅または人形町駅から徒歩2分ほどの場所にある甘味処「初音」。人形町通りに面した「初音」は、天保8年(1837年)創業で江戸時代初期から170年以上続く老舗店。、厳選素材の自家製あん&お餅を楽しめる名店で、あんみつ、くず餅、おしるこ等お土産にテイクアウトすることも可能。

平田満さんがしばしば立ち寄るお気に入りの甘味処で、ぐっさんと一緒に老舗の和スイーツを堪能したいと訪れ、二人はおしるこ&ぜんざいを注文。おこげのついた香ばしい焼き餅は伸びも良く、江戸時代から親しまれている人気メニューおしるこ&ぜんざいの温かさでホっとひと息。

小倉しるこ 750円

さらさらとして汁気が多いのがお汁粉。おしるこ好きな平田満さんは、迷わずお汁粉を注文。

小倉ぜんざい 950円

おしること全体の違い汁気は少なく、あんこを温めたタイプ。ぐっさん好みの、豆感たっぷりタイプ。

平田満さんお気に入り「初音」小倉しるこ

時々、奥さんの趣味である茶道教室に付き添い、かれこれ20年ほどお茶を楽しんでいるという平田満さん。本格的というよりはもっと気楽な雰囲気で、家では「和菓子があればお茶を飲みたくなる」と、カジュアルにお茶を点てて楽しんでいる様子。

初音

関連ランキング:甘味処 | 人形町駅水天宮前駅茅場町駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?