フカヒレの姿煮「中国飯店」市川猿之助の行きつけ六本木 | にじいろジーン

市川猿之助の行きつけ「中国飯店 六本木」を、にじいろジーン(関西テレビ)で紹介。子供の頃から通う「中国飯店 六本木」のメニュー、フカヒレの姿煮込みは市川猿之助さんのご褒美飯。特に味付けが素晴らしいと語る、市川猿之助さんお気に入りの逸品。にじいろジーン(関西テレビ)ぐっさんを連れて行くならこんなトコ・市川猿之助さんと松屋銀座&六本木。

中国飯店

「中国飯店 六本木」ランチ&ディナー予約

松屋銀座から六本木へとやって来た市川猿之助&ぐっさん。現在は無くなってしまいましたが、昔は踊りの稽古場があり、猿之助さんがよく訪れていたエリア。

そんな六本木でも、日比谷線・六本木駅から徒歩3分の場所にある中華料理の名店「中国飯店 六本木店」は、事あるごとに足を運ぶという市川猿之助さん行きつけの店。一流料理人が作る本場の味を是非ぐっさんに食べて欲しいと、長年通ってるお気に入りの中華の名店に案内。

「中国飯店」フカヒレの姿煮

フカヒレの姿煮込み 8,640円

気仙沼産の高級フカヒレを、本場上海の濃厚な醤油ベースダシでじっくりと煮込み、上品に味付けされた極上の一品。

最初に「中国飯店」を訪れた記憶は、4歳の時の初舞台。お芝居が終わってから親や役者みんなと来店し、眠さに勝てず寝ていた記憶があるという市川猿之助さん。今では「中国飯店」フカヒの姿煮込みは、市川猿之助さんのご褒美飯になっているそう。

市川猿之助さん

フカヒレってどこに入ってるの?みたいの多いじゃないですか。これはちゃんと(フカヒレの)姿ありますからね。色んなところの食べましたが、中国飯店の味付けが素晴らしいと思います。

中国飯店 六本木店

関連ランキング:中華料理 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

滋養強壮にフカヒレ&麻婆豆腐

[写真集]四代目 市川猿之助  3,780円

1ヶ月間のうち25日は舞台、その他は次の芝居の稽古とハードなスケジュールで日々を過ごしている市川猿之助さん。スーパー歌舞伎で宙吊りや派手なアクションなど、あれだけ大変な演出をこなし楽屋にトレーナールームがあるのかと聞かれるそうですが、体のメンテナンスが常に出来るという環境は皆無。

「怪我をしない前提、歌舞伎役者は不死身だという前提で作られている」と話す市川猿之助さん。そのため、よっぽどの骨折じゃない降板は無いらしい。

体のケア方法については、例えば高熱が出るなどの体調不良があるときは「麻婆豆腐やフカヒレを食べて寝るんですよ。大概、あくる日にはほとんどの病気治ってますね」と、食べることと寝ることが体作りの基本。
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?