飛露喜「廣木酒造」綾瀬はるか日本酒みやげ福島 | さんまのまんま

福島「廣木酒造」の日本酒・飛露喜を、さんまのまんま (関西テレビ)で綾瀬はるかがプレゼント。大河ドラマ「八重の桜」に出演して以降、綾瀬はるかさんが懇意にしている福島県。そして、明石家さんまへのお土産に「廣木酒造」の希少な日本酒、飛露喜(ひろき)大吟醸を持参。さんまのまんま(関西テレビ)30周年・秋スペシャル。

廣木酒造

廣木酒造「飛露喜」大吟醸 15,984円

さんまのまんま30周年のゲストは、明石家さんまさんもメロメロにする女優・綾瀬はるかさん。かなりの長寿番組になってきた「さんまのまんま」ですが、今回、綾瀬はるかさんが明石家さんまさんへのお土産として持参したのは、福島県白河市の白河だるま。

しかも、さんまさんの顔をだるまに描き、背中にはさんまさん座右の銘「生きてるだけで丸儲け」を金色の筆文字で書いた、立派なさんまだるまでした。

そしてもうひとつ、お祝いの品としてプレゼントしたのが、福島「廣木酒造本店」の日本酒、飛露喜(ひろき)大吟醸 。江戸時代中期に創業した「廣木酒造」は越後街道沿いに店舗を構え、現在で9代目まで続く老舗酒蔵。一時は廃業の危機にも見舞われた「廣木酒造」ですが、9代目・廣木健司氏が手掛けた飛露喜が一躍大ヒット。以降、愛好家の間でも人気の1本になっています。

飛露喜「廣木酒造」綾瀬はるか日本酒みやげ福島

飛露喜 大吟醸 1800ml

生産量も少なく貴重な限定酒。キレの良さと、ほんのりとした甘みがあり、酒の醍醐味を感じる強さのある日本酒。

福島県南酒販 - 酒蔵探訪

http://www.kennan-syuhan.co.jp/

車で来たさんまさん、お酒を飲んだら顔が赤く「茹でダコになる」という綾瀬はるかさんは飛露喜を飲まず、後から訪れたピース又吉直樹さんが、さんまさんのお酌で飛露喜をグビグビと景気良く頂くことに。又吉直樹さんといえば、第153回芥川賞に選ばれ著書「火花」が累計250万部に迫る大ヒット。ですが綾瀬はるかさんは、タイトルが「花火」だと未だに思っていたようですね。

「火花」又吉直樹  1,296円

福島県と綾瀬はるかの交流

明石家さんまさんへの土産に、変わりだるま&希少な日本酒・飛露喜という、2種類の福島メイドを用意した綾瀬はるかさん。NHK大河ドラマ「八重の桜」に主演したことで福島県・会津にお世話になり、今でも交流を続けているようです。

また、9月23日に福島県会津若松市で開催された会津まつりのイベント「会津藩公行列」にも登場。約500名の市民が武士の装いで街を練り歩く「会津藩公行列」で、綾瀬はるかさんは「八重の桜」の衣装に身を包みパレードに参加し、お祭りに花を添えていました。

廣木酒造の日本酒「飛露喜」「泉川」は、楽天市場やYahoo!ショッピングからお取り寄せ可能。

日本酒ギフトを探す

廣木酒造本店

福島県河沼郡会津坂下町市中二番甲3574
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?