本わらび餅極み「笹屋昌園」新田恵利オススメ京都 | 旅サラダ

2015/09/12    0   0和菓子
新田恵利オススメ京都「笹屋昌園」本わらび餅極みを、朝だ!生です旅サラダでお取り寄せ。新田恵利さんが通販購入する「笹屋昌園」本わらび餅極みは、職人が手仕事で練り上げる数量限定品。桐箱入りのトロトロとした本わらび餅で、2種類の付属きな粉で食べれば、また絶品。朝だ!生です旅サラダ(朝日放送)日本全国コレうまかろう!絶品お取り寄せ。

笹屋昌園

本わらび餅「極み」 1,728円

新田恵利さんお気に入りの和菓子が「笹屋昌園」の本わらび餅。通称“嵐電”の愛称で親しまれている、京福電鉄・龍安寺駅より徒歩1分の場所にある「京菓子 笹屋昌園」。世界遺産・仁和寺が建つ京都市右京区、龍安寺参道商店街通りに店舗を構える和菓子店。

大正7年に創業し代々受け継がれてきた職人手作りの技で、四季折々の生菓子など郷土菓子を作り続ける老舗。そんな「笹屋昌園」の和菓子の中でも特に人気の逸品が、本わらび餅極み。月曜から夜ふかし、スッキリ!、シューイチ、ヒルナンデス!、ちちんぷいぷい等、今まで多くのテレビ番組でも紹介されています。

本わらび餅 極み 1,728円/420g

トロトロしているのに歯応えがある、桐箱入りの本わらび餅。国産の本わらび粉を贅沢に使った本格わらび餅で、機械を一切使わず職人が手作業で練り上げた、柔らかさと弾力を併せ持った逸品。付属の黒豆きなこ&抹茶きなこを付けて頂きます。

4代目店主・中西章斗さん

手作業のみで少量ずつ炊き上げますので、味わいとしては他のわらび餅と全く違う商品だと自負しております。まずは、そのまま召し上がって頂きたい。

創業大正7年 京菓子・笹屋昌園

本わらび餅「極み」美味しさの秘密

おいしさの決め手ですが、まずは厳選された素材にあり。山菜であるワラビの根から抽出するワラビ粉。「笹屋昌園」では、ほんのりとしたコクを持つ南九州産の最高級本わらび粉を使用しています。

銅鍋に本わらび粉と水を入れて加熱したら、片時も目を離さず付きっきりで、ひたすら練り上げる工程へ。鍋を回しながら焦げ付かないよう、木ベラを使って底から返す“本かえし”と呼ばれる技法で、手の感触と目で練り上がりを見極めます。

練り加減が多ければコシが抜け、少なければ弾力があり過ぎてしまうので、独特な調整が必要になる練りの作業は、まさに繊細な職人技。程良い粘りを見極めたら砂糖を加えて、そこからさらに勢い良く練り上げればトロトロの本わらび餅「極み」が完成。

熱いうちに直接桐箱へと流し入れていきます。職人が絶妙な加減で練り上げた本わらび餅は、切り分けるのが難しいほどの柔らかさと独特の弾力。丹波の黒豆きなこ&宇治抹茶きなこが付いており味のバリエーションが楽しめます。

新田恵利さんもインターネットで探して、美味しそうだと思っていた本わらび餅「極み」。その後、ご主人と京都に行く機会があり、その機会に一番最初は予約して店舗で直接購入。そして、食べてみたところ「やっぱり美味しい!」と感動し、そこからはインターネットでお取り寄せするようになった、新田恵利さんが惚れ込んだ味。

勝俣州和さん

ちょっと違いますね、我々が今まで食べてきた物と。トゥルントゥルンっていうか、生きてるみたい。抹茶きなこ美味しいですね!いやスゴイ、これはヤバイ。

「極み」をさらに上回る本蕨餅も販売

本わらび餅極み「笹屋昌園」新田恵利オススメ京都

本わらび餅「極み」の味わいは改めて京都の奥深さを感じる、まさに芸術品。すべて職人の手作業で製造されるため、一日に生産できる量が限られてしまい、お取り寄せにお時間がかかる場合もあります。

また「極み」の上を行く、完全予約制で入手可能な本蕨餅「至高」も存在。「至高」の購入については、店舗に直接お問い合わせください。

笹屋昌園の蕨餅

本わらび餅「極み」200g 1,080円
本わらび餅「極み」420g 1,728円
本蕨餅「至高」200g 2,376円

※「極み」は数量限定生産、「至高」は完全御予約制。

笹屋昌園では、本わらび餅「極み」のほか豆乳わらび餅、栗羊羹、なると金時の芋餡饅頭、詰め合わせセット等がお取り寄せ可能。

笹屋昌園 楽天店

http://www.rakuten.co.jp/sasayasyoen/

笹屋昌園

関連ランキング:和菓子 | 龍安寺駅妙心寺駅等持院駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?