ステーキレストランカタヤマ笹野高史の行きつけ東向島 | にじいろジーン

笹野高史さん行きつけ「ステーキレストラン カタヤマ」を、にじいろジーン(関西テレビ)ぐっさんを連れて行くならこんなトコで紹介。墨田区東向島の「カタヤマ」は、笹野高史さんが自宅の八王子から訪れるお気に入りのお店。独自の駄敏丁カットで仕上げたステーキと、大ぶりのカキフライを堪能できるマルキン牡蠣ステーキに舌鼓。にじいろジーン(関西テレビ)ぐっさんを連れて行くならこんなトコ、俳優・笹野高史。

ステーキレストラン カタヤマ

肉にこだわる「カタヤマ」の260gステーキ

最後に訪れたのは墨田区東向島にある、笹野高史さん行きつけのステーキ店。東武伊勢崎線・東向島駅または曳舟駅から徒歩10分の場所にある「ステーキレストラン カタヤマ」。

ある日、店先ののぼり旗につられて立ち寄ったという笹野高史さん。その時食べたステーキがあまりにも美味しかったので、それ以降、45kmも離れた八王子の自宅から「カタヤマ」のステーキを目当てに通うほどお気に入り。

そして、笹野高史さんのこだわり焼き加減が、肉の噛み応えを感じるベリーウェルダン仕上げ。笹野高史さんが「今のところ東京でナンバーワンの肉の店」というほど惚れ込んだお店で、オススメの絶品グルメを味わいます。

洋食メニュー豊富な東向島の名店「カタヤマ」

マルキン牡蠣ステーキ 150g 3,565円

鉄板の上にはガーリックチップがたっぷり乗ったステーキ、大粒のカキフライ、付け合せのパスタやポテトが乗った一皿。ライス、味噌汁、サラダ付き。

いつもはお肉を口に入れて、すぐにご飯も頬張るというぐっさんですが、肉の旨みだけを存分に味わいたいと、ゆっくり肉を噛んで存分に肉の味を堪能。

駄敏丁カット

「ステーキレストラン カタヤマ」では、特許を取得した「駄敏丁(だびんちょ)カット」という方法でステーキをカット。余分な脂身やスジを取り除き、50g程度になるよう切れ目を入れた駄敏丁カットで、肉を柔らかく仕上げています。

大阪「黒門萬野総本店」黒毛和牛厚切りステーキディナーセット 10,152円

カタヤマ

関連ランキング:洋食 | 東向島駅鐘ケ淵駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?