• 豆大福「岡埜栄泉」吉永小百合の御用達差し入れ | 嵐にしやがれ

豆大福「岡埜栄泉」吉永小百合の御用達差し入れ | 嵐にしやがれ

2015/12/12    0   0おいしい情報
吉永小百合の御用達、虎ノ門「岡埜栄泉」豆大福を、嵐にしやがれ(日本テレビ)で紹介。吉永小百合さんが撮影現場に差し入れることもある「岡埜栄泉」の豆大福は、一日1000個が完売する大人気和菓子。

さらに母校・早稲田大学ラグビー部に牛一頭を差し入れるほど、熱狂的なラグビーファンの素顔を公開。また、嵐にオススメしたい尺八演奏家・藤原道山がスタジオで生演奏。嵐にしやがれ(日本テレビ)ゲスト・吉永小百合。

虎ノ門「岡埜栄泉」

豆大福「岡埜栄泉」吉永小百合の御用達差し入れ

気遣いの人としても有名な女優・吉永小百合さん。撮影現場ではエキストラの人にも声をかけ、撮影でお世話になった先には手紙を送ることもある。

そんな吉永小百合さん御用達の逸品が、虎ノ門「岡埜栄泉」の豆大福。銀座線・虎ノ門駅から徒歩6分ほどの場所にある「岡埜栄泉」は、創業大正元年の老舗和菓子店。

栗饅頭、どらやき、最中、ワッフルなどを販売しており、一番人気の豆大福は毎日1000個が完売するほど。吉永小百合さんも撮影現場に差し入れれば、取り合い状態になってしまうほど誰からも好かれる定番の逸品です。

豆大福 249円

北海道産小豆と赤えんどう豆、宮城米を使用した豆大福。つきたての柔らかい餅生地の中に自家製こしあんがたっぷりと入っており、大きくてボリューム感あり。

櫻井翔さん : 皮(餅)だけでも抜群にウマイね。

高島屋オンラインストアでは、「虎ノ門 岡埜榮泉」の一口羊羹詰、栗饅頭など和菓子詰め合わせがお取り寄せ可能。

高島屋オンラインストア - 虎ノ門岡埜榮泉

http://www.takashimaya.co.jp/shopping/

岡埜榮泉

関連ランキング:和菓子 | 神谷町駅虎ノ門駅御成門駅

早稲田大学ラグビー部の「吉永牛」

早稲田大学ラグビー部の「吉永牛」

吉永小百合さんは撮影現場に限らず、頑張って欲しい人には差し入れをするそうですが、なかでも吉永小百合さんの差し入れを毎年楽しみにしているのが、早稲田大学ラグビー部。

実は、吉永小百合さんは熱狂的なラグビーファン。早明戦で早稲田大学が負けた時に「バカヤロー!」と叫んで、ガードレールを蹴飛ばしたという伝説もあり、吉永小百合さん本人によると本当の話。

そんな吉永小百合さんが、母校である早稲田大学ラグビー部を応援するために毎年差し入れているのが牛一頭。なんとも豪快なその差し入れ、部員の間では“吉永牛”という愛称で呼ばれているとか。

そして、差し入れられた“吉永牛”は、バーベキューで丸焼き。早稲田大学ラグビー部出身の日本代表・五郎丸歩選手も3度の大学日本一に輝いたのは、大学時代“吉永牛”を食べたからこそかもしれませんね。

ラグビー

防具もつけずに体でぶつかり合い、試合が終わったらノーサイドという精神に惹かれ、ラグビーを「究極のスポーツ」と感じている吉永小百合さん。

実際に試合会場に足を運び、過去にはタモリさんと一緒に試合観戦したことも。その時、静かに観戦するタモリさんとは逆に、吉永小百合さんは大声援を送りながら熱狂的に応援していたんだとか。

そこまでラグビーにハマり、応援するようになったのは30歳を過ぎてから。友人に誘われて実際に試合を目にしことがキッカケだったそうです。

吉永小百合オススメ「藤原道山」

[CD+DVD]道 藤原道山 2,363円

プライベートでは様々なこだわりを持つ吉永小百合さんですが、ぜひ教えたいのが尺八。7世紀末に中国の等から伝来したとされる、伝統楽器の尺八。日本では時代劇で虚無僧が尺八を吹いているというイメージがあり、そこまで身近な印象はありません。

そんな尺八の可能性を追求しているのが、尺八演奏家・藤原道山。“和楽器の貴公子”の愛称で親しまれている人物で、国内外からも高い評価を受けている演奏家。クラシックからポップスまで幅広く演奏し、坂本龍一や加藤登紀子ともコラボレーションしています。

そんな藤原道山の奏でる豊かな尺八の音色に惚れ込み、お忍びでコンサートにも通っているという吉永小百合さん。被災地の人が作った詩を吉永小百合さんが読んだ「第二楽章 福島への思い」朗読作品では、音楽面での協力を依頼。

[CD]第二楽章 福島への思い 吉永小百合

吉永小百合さんが、そこまで大好きになったキッカケは、山田洋次監督の映画「武士の一分」で、藤原道山が吹く尺八の音色に惹かれたこと。尺八のイメージを覆し、フルートのようであり世界で通用するような美しい音色響かせている藤原道山は、吉永小百合さん曰く「ある意味魔法使い」という存在。

映画「母と暮せば」で二宮和也と共演

母と暮せば 豪華版 初回限定生産 [Blu-ray]

日本を代表する女優・吉永小百合さん。1959年14歳の時に「朝を呼ぶ口笛」で女優デビュー。17歳で出演した「キューポラのある街」では、ブルーリボン賞・主演女優賞を史上最年少で受賞。

健気で清く美しいその印象から“清純派”という言葉を生み出すキッカケとなった吉永小百合さん。歌手歌手として紅白歌合戦にも出場したことがあり、可憐な姿は国民の心を鷲掴み。熱狂的ファンな吉永小百合ファン=サユリストと呼ばれ、当時の流行語にもなったほど。

日本テレビでバラエティに出演するのがほぼ初めてという大女優・吉永小百合さんですが、今回バラエティに登場した理由は「息子が出演しているから」。映画「母と暮せば」で共演した嵐・二宮和也さんと吉永小百合さん。映画撮影では3カ月間ほぼ一緒にいた二人ですが、番宣も兼ねて嵐5人と初共演。

二宮和也さんが思う、吉永小百合さんの素顔

本当にお優しい。みんな、本当に共演してもらいたいと思ってる。今までみんなが出会ってきた中で“優しい人”っていたでしょう?いなくなるよ、そいつ。そいつは優しくなかったんだって思う。全然違う。

吉永小百合さんが思う、二宮和也さんの素顔

前日に遅くまで収録もしていたとしても9時前に必ず来て、多少は眠そうな雰囲気を醸し出していますが、セットに入ったらビシッとしてセリフは完璧。

二宮和也さんについて、待ち時間にはゲームをしている光景を目にしていたそうですが、爽やかで礼儀正しくきちんとしているという印象を持ったそうです。

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?