• すし「姫沙羅」ボタンエビ丸ごと味わう手渡し寿司 北海道 | スマステ

すし「姫沙羅」ボタンエビ丸ごと味わう手渡し寿司 北海道 | スマステ

2016/01/10    0   0おいしい情報
北海道・札幌「すし姫沙羅」ボタンエビ全部のせ寿司を、スマステーション(テレビ朝日)で紹介。寿司職人も一目置く「すし姫沙羅」で、店主・田中彰氏が「ウチでしか味わえない」と豪語するのが、ボタンエビの寿司。SmaSTATION(テレビ朝日)美味しさを生み出す職人技!スペシャリストグルメ9。ゲストは準レギュラー草彅剛。

すし姫沙羅

すし「姫沙羅」ボタンエビ丸ごと味わう手渡し寿司

スペシャリストグルメ6品目は、世界でここだけしか食べられない、寿司職人が驚くボタンエビを丸ごと味わえる寿司。

北海道札幌市の繁華街・すすきのに店舗を構える「すし 姫沙羅」。北海道の食材はもちろん、全国の厳選素材で作る寿司は、ミシュラン北海道版で2つ星を獲得。全国の寿司職人がわざわざ食べに訪れるほどの名店で寿司を握るのは、店主・田中彰さん。

小トロ

マグロの赤身が好きな田中彰氏が、丁度良い脂の乗り具合を探って見つけ出したトロでも赤身でもない部位「小トロ」。10日以上寝かせ熟成させたネタ。

ホッキ貝

片面に細かく包丁を入れ、裏返して握ると新たな食感を楽しめる。

ネタごとに驚きの工夫を施しており、それらは全て口の中で寿司が完成するよう仕組まれている。それは、口の中で調理をする=口内調理のため。寿司を食べたとき、噛むことでシャリとネタの混ざりを良くするよう、細かく包丁を入れているのです。

「姫沙羅」でしか味わえない“ボタンエビ全部のせ”

独創的な「姫沙羅」の寿司の中でも、代表的なメニューがボタンエビ。店主・田中彰さんによると「全国でもウチしか食べられない」という逸品。

ボタンエビ全部のせ

小さめのシャリを丸く形成しワサビを乗せたら、半身の海老をシャリの上に2本くるっと巻きつけ。真ん中に海老味噌を落とし、その上にエビの卵をたっぷりと乗せて完成。

ほんの少しでもバランスが崩れると倒れてしまうため、握ったらお客さんの手の平へ直接置き、そのまま頬張ってもらう手渡しボタンエビ握りです。

田中彰さんが研究の末辿り着いた、ボタンエビを丸ごと味わうための寿司。身の甘みと味噌の芳醇な旨み、卵の心地よい食感までエビの全てが詰まった逸品。そんな「姫沙羅」の寿司は、コースメニューのみの完全予約制。

「すし姫沙羅」田中彰さん

遊び心は間違いなくあったほうが良い。突き詰めても、新しいことは生まれないですよね。

寿司は改めて深いなと。やってると(新しいことに)少しずつ気付いてきますから。頭の中で想像すると早くやりたくなりますし、楽しいですね。

ぐるなび「姫沙羅」

http://r.gnavi.co.jp/h275500/

姫沙羅

関連ランキング:寿司 | すすきの駅(市営)豊水すすきの駅すすきの駅(市電)

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?