• 吉野鮨本店「こはだのにぎり」で綾野剛をおもてなし|めざましどようび

吉野鮨本店「こはだのにぎり」で綾野剛をおもてなし|めざましどようび

2016/06/25    0   0おいしい情報
こはだ好きの綾野剛さんのため、東京・日本橋「吉野鮨本店」コハダのにぎり寿司を、めざましどようび(フジテレビ)が用意。お寿司屋さんに訪れたら、スタートと中間とシメにコハダを食べたいという綾野剛さん。「吉野鮨本店」の江戸前コハダにぎりを食べた途端、ガッツポーズ。

めざましどようび(フジテレビ)テンションMAX ハイ&ロー、ゲスト・綾野剛。

吉野鮨本店

吉野鮨本店で味わう旬素材の握り寿司

お寿司のネタのなかで、こはだの握りが大好きという綾野剛さん。そんな綾野剛さんのために用意されたのは、日本橋駅から徒歩2分の場所にある「吉野鮨本店」のコハダ。

「吉野鮨本店」は明治12年に創業し、現在は日本橋高島屋の裏通りで営業している老舗のお寿司屋さん。毎朝、河岸で仕入れた素材に丁寧な仕事を施した、江戸前のお寿司が味わえます。

こはだ 324円/貫

脂の乗ったコハダを強めの酢でシメた握り。

早速コハダのにぎりをひと口で頬張った綾野剛さん。すると、その味わいにキレキレのガッツポーズが飛び出すほど大満足。そんな綾野剛さんは、どれくらいコハダが好きかというと、お寿司を食べに行ったら「スタート」「中間」「最後の締め」と、3回はコハダを食べたいというほど。

カウンター&テーブル席あり、ファミリーでも訪れたい「吉野鮨本店」

綾野剛さん

おいしいですね。コハダって最強の脇役といいますか、素晴らしいですね。

吉野鮨本店

関連ランキング:寿司 | 日本橋駅京橋駅宝町駅

綾野剛のイメージ ハイ&ロー

岐阜県出身の俳優・綾野剛さん。ミステリアスな雰囲気があり、印象に残る幅広い役柄を演じることが多く、強いこだわりを持っていそうなイメージ。

すると、小学校の頃にずっと洞窟を掘っていたという、謎な部分を披露。洞窟掘りに意味はなく、当時はただただ洞窟を作りたいという思いから、一心不乱に掘っていたそうです。

綾野剛「三種の神器」

綾野剛さん本人が分析する、自分のLOWなイメージ。それは「綾野剛・三種の神器」というものがあり、世間から「怖そう、笑わなそう、喋らなそう」と思われているというもの。

確かに、好き嫌いが非常にハッキリしているという綾野剛さん。人に限らず、物事に対して決断することが「無茶苦茶早い」と、何事も即決するタイプ。

しかし、そんな綾野剛さんが最近悩んだ問題が「バスソルト」について。

普段は物事を決めるのに迷いはないようですが、お風呂に入る時に「どっちのバスソルトがいいかなぁ~」と、若干優柔不断になったそう。バスソルトを使っているうちにその良さに気付き、ほかにも温泉の素など、どんな入浴剤を入れるか悩みながらお風呂タイムを楽しんでいる様子。

タクシーの運転手さんを舞台に招待!?

世間が抱く綾野剛さんのLOWな部分が「人見知りしそう」というイメージ。しかし、本人的には全く人見知りではなく、下手したら友達になっちゃうパターンも。

ネクラさや闇は持っているが、誰かに「声をかけられたらちゃんと対応します」と、話す綾野剛さん。最近では、タクシーの運転手さんと友達になり、舞台に招待したことがあったそう。

ある日乗ったタクシーで「ウチの嫁がファンで」と、運転手さんに言われた綾野剛さん。その2週間後、全く別の場所でタクシーに乗ったら、偶然にも同じ運転手さんに遭遇。

そこで縁を感じ「今度舞台やるので、よかったら招待します。失礼じゃなければ連絡先教えてください」とアピール。後日、タクシーの運転手さんと奥さんを、約束どおり舞台に招待したという、気さく過ぎる一面を教えてくれました。

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?