十火「恵 megumi」わさび・ごぼう・海苔味あられ菓子|マツコ有吉の怒り新党

2016/06/01    0   0和菓子
マツコ有吉の怒り新党(テレビ朝日)お菓子ちゃんセレクトは「十火」のあられ煎餅・恵(megumi)、丸(maro)。通販お取り寄せもできる、米菓子専門店「十火」は日本伝統の煎餅やあられを、素材にこだわりスタイリッシュに進化させた上品で洗練された和菓子。

菓子鉢には他にも、小ぶりでサクサクとした牛たんせんべいを盛り付け。

美しい米菓子「十火(JUKKA)」

十火 詰め合わせセット  3,186円

有吉弘行さんが「不思議だ・・・」と興味を示した、今回のお菓子ちゃんセレクト。菓子鉢の中に数種類盛り付けられた煎餅類の中で、マツコ・デラックスさんが最初に気になった薄くて平たいスティック状の“あられ”。

それは、米菓子専門店「十火 じゅっか」の“恵 megumi”という商品。「十火」を運営しているのは、明治35年(1902年)に大阪で創業した「とよす」。こちらは110年以上、あられ・おかきの製造販売をおこなう老舗店。

「十火」の他にも、柿の種専門店「かきたねキッチン」、伝統のあられ菓子をメインとした「とよす」、「とよす洛味堂」などのブランドを展開しています。

三種類の味わい「恵 megumi」

十火「恵 megumi」わさび 648円

短冊タイプの薄くて食べ易い形のおかき。味は3種類あり、長野県・安曇野産わさび葉粉末を配合した「わさび」、乾燥海苔とフリーズドライ紀州南高梅を配合した「海苔」、ごぼうと一味のピリ辛「ごぼう」と、どれもアクセントが効いた大人好みの味わい。

有吉さんからの「ごぼうじゃないんだ」の問いかけに、お菓子ちゃんは「ごぼうじゃないです」と答えていましたが、ごぼう味も存在しています。

紅白の「丸 maro」和三盆・苺

十火「丸 maro」16個入り 648円

米菓でまとめられた菓子鉢のなかで目立っていたのは、赤くて丸い軽やかそうなお菓子。こちらも「十火」で販売している、その名も“丸 maro”。原料のヒメノモチを煎り焼きすることで、ふんわりと優しい口溶けを表現。

赤と白、2色の“丸 maro”があり、赤はフリーズドライいちごを使用した酸味と甘みが特徴。白は和三盆を使用した、上品で素朴な風味が楽しめます。

さらに「十火」オススメの食べ方が、“丸 maro”とシャンパンのマリアージュ。優しく泡のように溶ける“丸 maro”は発泡性の飲み物との相性が良く、特に酸味のある苺味はシャンパンにマッチ。

サクサク軽い!牛たんせんべい

牛たん利久「牛たん せんべい」 378円

そしてもう一つ、盛り付けられた菓子鉢の中で大半を占めていたのが、牛タンせんべい。一度は「十火」の“恵 megumi”を手にした有吉さんでしたが、お菓子ちゃんの「牛たんせんべい」という説明に、まずはコチラをパクリ。すると、サクサクとして歯応えも軽そうな雰囲気。

サイズ感や形が似ていたのは、仙台の牛タン専門店「牛たん利久」が販売している牛タンせんべい。看板商品の牛タンを挽肉にしてから、じゃがいものデンプンと一緒に煉り込んだ、おやつや酒の肴にも使えるスナック菓子です。

とよす公式オンラインショップでは、「十火」の単品おかき、贈答用詰め合わせ、季節限定菓子の通販お取り寄せが可能。

「十火」をお取り寄せ

十火 JUKKA

http://www.toyosu.co.jp/jukka/

十火 銀座三越店

関連ランキング:和菓子 | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?