ウニふりかけ「天たつ」粉雲丹1本でウニ100個使用!福井|THEベッカクTV

2016/09/10    0   0魚介・海鮮
福井「天たつ」のウニふりかけ・粉雲丹を、THEベッカクTV(TBSテレビ)で紹介。通販お取り寄せもできる「天たつ」の粉雲丹は、日本三大珍味に数えられる“汐うに”を乾燥させた、粗い粉末タイプの贅沢なウニのふりかけ。40gの粉雲丹を1本仕上げるのにバフンウニが100個必要で、まさにウニを凝縮した濃厚な味わい。

THEベッカクTV(TBSテレビ)フードジャーナリスト・里井真由美さんが選ぶ、知っておきたい超リッチな日常食品。

天たつ「粉雲丹」

福井【天たつ】越前仕立て汐雲丹・粉雲丹お試し詰合せ

里井真由美さんが選ぶ、超リッチな日常食品3品目は「ふりかけ」。ウニをたっぷりと使った贅の極みともいえる逸品は、一般的なふりかけの約77倍というお値段。

そんな別格のふりかけを作っているのは、福井県福井市で日本海の海産物を取り扱う「天たつ」。JR北陸本線・福井駅から徒歩10分ほどの場所に本店を構える「天たつ」は、1804年の江戸後期に創業し如何にも老舗といった佇まい。

そして、お目当てがウニから作るふりかけ「粉雲丹」。

粉雲丹 40g 10,800円

いかにも高級感漂う化粧箱に入っており、箱の中身は竹筒と別途袋詰めされた粉雲丹入り。乾燥した粉雲丹を熱々のご飯にふりかければ、ご飯の湯気でほんのりとウニが戻され香りも蘇るのです。

里井真由美さん

本当に濃厚な風味で口の中に潮の香りがドワーっと一気に押し寄せる感じといいましょうか、究極の贅沢なふりかけですね。

「天たつ」越前仕立て汐雲丹 桐箱入り

  • 濃厚な磯の風味とウニの甘みで、酒の肴やご飯のおともピッタリ
  • 価格 : 6,804円

粉雲丹おいしさの秘密

粉雲丹おいしさの秘密

粉雲丹の原料には、甘みの強い国産バフンウニを使用。しかも40gの一袋を仕上げるのに、約100個ほどのウニを凝縮。そんな生のウニをザルに入れ、塩を加えて1日置くと“汐雲丹”の完成。

ちなみに汐雲丹とは、からすみ、このわたと並ぶ『日本三大珍味』のひとつとして、福井県で昔から好まれている保存用のウニ加工食品。そして「天たつ」は、江戸時代から汐雲丹を作り続けている、汐雲丹発祥のお店なんです。

そのままでも美味しい汐雲丹ですが、ふりかけ作りはまだまだココから。一晩置いた汐ウニをボウルに移し、粘りが出るまで手作業で練り込み。練り上がったら、今度は指でシートの上に薄く伸ばして広げ、丸1日乾燥熟成させ旨味を凝縮。

越前仕立て汐雲丹 26g61g入り

こうして乾燥させパリパリ状態なったら、最後はすり鉢に移して粉末状になるまで丁寧にすり潰せば、バフンウニだけで作った別格のふりかけ「粉雲丹」の完成。

塩だけで凝縮熟成させた粉雲丹は、1gあたり3個のバフンウニを使用。そのためウニの濃厚な味わいと豊かな香りが、より一層味わえる究極の逸品といえます。

指原莉乃さん

なんか高級な物って今日気付いたんですけど、全部香りが残るんですね、口の中に。納得です、1万円納得です。
速水もこみち : 香りが強いですね、本当にね。

大久保佳代子 : 本当だ!ウニの香りがガッツリくる。

劇団ひとり : 相乗効果として米が噛みたくなりますね。何回も何回も噛みたくなってくる。

天たつでは、粉雲丹のほかウニの珍味が充実。また魚の一夜干し、へしこ、このわた、越前蟹、せいこ蟹など海産加工品のお取り寄せが可能。

天たつ「うに商品」をお取り寄せ

天たつ

http://www.tentatu.com/

天たつ

福井県福井市順化2丁目7−17

http://tabelog.com/fukui/A1801/A180101/18005467/

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?