バナナ屋さん「梅田のバナナ」糖度が違う!群馬・前橋オンリーワン専門店|あさチャン

2016/09/20    0   0野菜・フルーツ
群馬県前橋市「梅田のバナナ」を、あさチャン(TBSテレビ)で紹介。売り物はバナナのみというバナナ専門店「梅田のバナナ」。お値段は一房1000円台のお手頃価格で、手土産に購入するお客の絶えない人気店。そんな「梅田のバナナ」では地下の室で追熟し、産地と同様の室温に管理することで糖度抜群の甘いバナナに仕上げています。

あさチャン(TBSテレビ)あさトク~ひとつの物だけをとことん追求する専門店。こんなものが売れるのか?これだけでお店は成り立っているのか?と思う一点もののオンリーワン専門店を紹介。

群馬のバナナ専門店「梅田のバナナ」

バナナ屋さん「梅田のバナナ」群馬・前橋オンリーワン専門店

群馬県前橋市にある、売り物がオンリーワンの専門店。そこは新前橋駅から徒歩12分ほどの場所にある、バナナ専門店「梅田のバナナ」。店内に陳列されていたのは“黄色一色”に色付いたバナナ、それは朝に食べたいフルーツの代表格。

昭和2年に創業した「梅田のバナナ」。現在は76歳になる三代目女将・梅田厚子さんが一人でお店を切り盛りしており、一房1000円台の立派なバナナがずらりと並べられた、バナナを追求したお店です。

mikiさん(@miki.1107.s)がシェアした投稿 -

「バナナだけで経営は成り立つんでしょうか?」という山本匠晃アナの質問に、「やっと食べています」と笑顔を見せながらも経営はギリギリと話す女将。

しかし、開店すれば次から次にお客さんが来店してお店は大盛況。一人で複数購入していくお客さんもあり、陳列したバナナがあっという間に飛ぶように売れていくのです。

梅田のバナナ使用「梅田さんちのバナナケーキ」

  • 完熟バナナから作った、胡桃がアクセントのバナナケーキ
  • 価格 : 167円

糖度が違う!プレゼントしたくなる「梅田のバナナ」

「梅田のバナナ」を買いに来たお客さんによると、「甘みがある」「人に差し上げるなら梅田さんのバナナがいい」「柔らかくて甘みがあって全然違う」と、梅田のバナナへの信頼度は相当高い。

バナナはどこで買っても一緒では?とも思うのですが、山本匠晃アナが食べてみるとその味は全くの別物。「とろけるし、甘みが物凄く強いです。こんなにも違うんだ!」と、食べ慣れたはずのバナナの味の違いに驚いた様子。

そこでバナナの糖度を糖度計でチェックしてみると、量販店で売られている一般的なバナナの糖度が17.8度。これ対して「梅田のバナナ」はなんと22.8度という結果に。これは高級なブドウの糖度21%に匹敵するほどの甘さなんです。

アポ山スーパー800【最高級ペンギン印バナナ】5本

  • フィリピンのアポ山で栽培された最高級高原栽培バナナ
  • 価格 : 3,942円

徹底した温度管理で甘さを引き出す

バナナ

「梅田のバナナ」では、どうしてこんなにも甘いバナナを販売できるのか?実は最初から特別なバナナを仕入れているワケではありません。

その秘密は、室(ムロ)と呼ばれる地下深くの倉庫。

そこには、収穫して間もない青いバナナがダンボールに詰められており、まずは室の暗い室内で黄色く色付くまで時間をかけて保存。色付いたら暖房をかけ、室温をバナナの故郷である23度に保つことで普通のバナナが甘く追熟されていくのです。

そんなバナナにとって「冬場はとても大変」という女将さん。寒い冬はバナナのために石油ストーブが欠かせず、店内で陳列している時でもバナナを冷やさないよう毛布を敷き、その上にバナナを並べてから更に毛布と布団をかぶせてバナナを寒さから守る念の入れよう。

梅田のバナナ「バナナアイス」6個入り12個入り

お持ち帰り時も気を抜けないバナナの取り扱い

バナナ

こうして甘くなったバナナ、贈答用となれば雰囲気のある「梅田のバナナ」の包装紙で包まれ、手土産としても重宝されている逸品。そんな包装紙には「卵2個 バナナ一本」という文言が印刷されており、実はこれ戦前にデザイン作られたもの。

かつては卵以上に貴重な存在だったバナナだからこそ、最高の状態で食べてもらいたい。そのため「梅田のバナナ」を購入したお客さんにレクチャーする“バナナの扱い”にも熱が入ります。

「梅田のバナナ」持ち帰り方と注意点

  1. 包装されたバナナを持ち帰るときは、紐を持たず全体を下から抱えるように持つこと。紐を持ってバナナをぶら提げてしまうと、両端のバナナが傷ついてしまうため。
  2. 自宅用としてビニール袋で持ち帰る場合は、家に着いたらすぐにバナナを袋から出す。バナナは呼吸しているため、袋に入れっぱなしにしてしまうと水滴がつき、皮が黒くなってしまう。

バナナに対するこだわりが、多くの客さんを惹きつけている「梅田のバナナ」。その味は大切な人と一緒に食べたくなる、オンリーワンのおいしさ。

アポ山スーパー800 3本入り6本入り10本入り

梅田のバナナでは、バナナやバナナアイスがお取り寄せ可能。但し、バナナの夏季発送は中止しており、発送再開は10月の予定です。

梅田のバナナ

http://umeda-banana.com/

梅田のバナナ

群馬県前橋市元総社町19

https://tabelog.com/gunma/A1001/A100101/10013422/

砂時計の専門店「サブリエ ド ヴェリエ」

谷根千の愛称で知られ、今では観光エリアになってる東京・千駄木。そこにある専門店「サブリエ ド ヴェリエ」は、2年前に名古屋から移転してきた砂時計の専門店。

店主・和田朱美さんが砂の美しさに惹かれて21年前にオープン。落ちた砂がグラデーションになる2色砂時計や、ボルトで作った人形が付いた「ボルトマン」という3分計のカップラーメン専用砂時計など、このお店でしか買えない約80種類のオリジナル砂時計を販売しています。

オーダーメイドの依頼も多く、高校球児が持ち帰る甲子園の砂や、新婚旅行で訪れた思い出の地の砂などを砂時計に仕立てるサービスもあるんです。

そして現在の売れ筋が、砂の入っていない「しあわせの砂時計」。結婚式の披露宴会場で参列者が少しずつ砂を入れ、たくさんの人から祝福されて始める夫婦二人の人生を表現した砂時計です。

facebook

https://ja-jp.facebook.com/sablierdeverrier/
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?