• フランス家庭料理「ラタトゥイユ」島田哲也シェフレシピ|にじいろジーン

フランス家庭料理「ラタトゥイユ」島田哲也シェフレシピ|にじいろジーン

2016/10/15    0   0レシピ
にじいろジーンにて「ラタトゥイユ」レシピを紹介。教えてくれたのは、フレンチレストラン「イレール人形町」の島田哲也シェフ。食べることも料理作りも大好きな土屋アンナさんのリクエストで、簡単なのに本格派なフレンチ料理「ラタトゥイユ」と「きのこのクリームソース」を調理。

にじいろジーン(関西テレビ)ぐっさんを連れて行くならこんなトコ・土屋アンナさんとハッピーロード大山散策&お手軽フレンチ料理作り。

ラタトゥイユ

【材料/3人分】

  • たまねぎ ・・・ 1/2個
  • なす ・・・ 2本
  • ズッキーニ ・・・ 1本
  • パプリカ ・・・ 1/2個
  • トマト缶 ・・・ 1個
  • にんにく ・・・ 1片
  • タイム ・・・ 1本
  • オリーブオイル ・・・ 適量
  • 塩 ・・・ 少々
  • コショウ ・・・ 少々

【作り方】

  1. 玉ねぎを食べやすい大きさにカットする。
  2. 鍋にオリーブオイル(エキストラバージン)とニンニクを入れて先に炒めたら、玉ねぎとタイムを加えて弱火で炒める。
  3. トマト缶を加えて弱火でじっくりと煮詰める。
  4. 水を少し加える。
  5. ナス、ズッキーニ、パプリカを食べやすい大きさにカットする。ナスはアクが強い野菜のため、縦方向に適度に皮をむきます。
  6. 野菜を別々に炒める。ズッキーニは4分40秒程度、パプリカは50秒程度、ナスは3分程度。
  7. 炒めた野菜を煮詰めたトマトソースに加え、塩、コショウで味付けをしたら完成。

ラタトゥイユを美味しくするポイント

ラタトゥイユを美味しくするポイント

ハーブの一種「タイム」を加える

煮込み料理に利用されることが多い、加熱調理に向くタイム。清々しい香りで風味付けにもなるハーブです。

水を少量加える

煮詰め詰める際、水を少し加えるとトマトの酸味が柔らかく一層美味しく仕上がります。

野菜を別々に炒める

ラタトゥイユを作る際、野菜も全部一緒に入れて煮込んでしまうことがありますが、島田哲也シェフのオススメは、野菜を別で炒めておくこと。

野菜を一緒に煮詰めると折角のトマトソースにアクが全て出てしまうため、クリアで美味しい味にならない。そのため最初に炒めた玉ねぎ以外の野菜は、いきなり鍋に入れずフライパンで炒めるのがポイント。

また、野菜によって加熱時間がそれぞれ違うため、別々に炒めるのがコツです。

島田哲也シェフの簡単フレンチレシピ

“自然と素朴”をテーマにしたビストロ「イレール人形町」

土屋アンナさんがやりたかったこと、それは料理。食べるのことも、ご飯作るのも大好きで、特に和食とフレンチが大好きな土屋アンナさん。パパッと作れてフランスの家庭料理風の手軽な料理を教わりたいとリクエスト。

そこで、今日作りたくなる簡単なのに本格派の超簡単フレンチレシピを紹介。

教えてくれるのは、日本橋人形町にあるフレンチレストラン「イレール人形町」のオーナーシェフ島田哲也さん。テレビ番組や料理教室でも活躍しているフレンチシェフで、今回はフランス家庭料理の定番「ラタトゥイユ」と「きのこのクリームソース」を伝授。

有機野菜の宅配ビオ・マルシェ 100%有機の野菜をお届け

  • まずはお試しください!国産有機野菜お試し1000円
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?