京都「雲月」小松こんぶ/じゃこ/福豆/梅びしお手土産セット|白熱ライブビビット

2016/11/25    0   0魚介・海鮮
京都「雲月」の桐箱入りギフト(小松こんぶ/じゃこ/福豆/梅びしお)を、白熱ライブビビット(TBSテレビ)お取り寄せハウス「お歳暮」特集で紹介。百貨店の通販ショッピングも可能な「雲月」では、特に小松こんぶが人気。そこで、小松こんぶを使ったにゅう麺レシピを、加藤シゲアキさんが紹介。

白熱ライブビビット(TBSテレビ)カトシゲのお取り寄せハウス「人と差がつくお歳暮」。

京都「雲月」

京都「雲月」小松こんぶ

京都「雲月」小松こんぶお取り寄せ

特にお世話になった方に贈りたい、お値段5000円台お歳暮。一品目は、江戸時代から続く京都の料亭「雲月」の歴史が詰まった、究極の手土産セット。

享保16年(1731年)から、京都の御所に薬御用人として始まり、薬味に関して本家といえる「雲月」。さらに精進料理を学び、今では懐石料理を提供する「雲月」だからこそ生まれたのが、代名詞といえる「小松こんぶ」。

懐石料理の味を邪魔しない、お茶請けとして考え抜かれた逸品で、玄琢に建つ料亭「雲月」、気軽にランチをや懐石コースを味わえる「御所 雲月」にて、お土産として購入することも可能。

また、東京都内ですと外苑前駅より徒歩5分の場所に「雲月 南青山」を構えています。

高島屋オンラインストア

  • 京都「雲月」の銘品・小松こんぶ詰め合わせをお取り寄せ

オススメ4種「小松こんぶ/梅びしお/じゃこ/福豆」

@mint058tが投稿した写真 -

小松こんぶ/梅びしお/じゃこ/福豆セット 5,292円

ギフト専門家・冨田いずみさん厳選の手土産4種セット。好みの瓶詰めを選んで桐箱に入れてくれるセットで、小松こんぶ、梅びしお、じゃこ、黒豆の4種類が専門家・冨田いずみさんのイチオシ。

丹波の黒豆を使った福豆は甘さ控えめ&上品な味わいで、少し口寂しい時のお茶菓子としても最適。山椒で仕上げたじゃこも上品で、瓶詰とは思えない新鮮さを感じます。

そんな「雲月」で販売している、ご飯のおともの中でとにかく食べみて欲しい一品が、小松こんぶ。細切りの昆布は柔らかく、蓋を開けた瞬間に昆布の良い香りが広がる。まさにフタを開けただけで、美味しさを感じられる逸品。

熱々の炊きたてご飯に乗せて食べたい、絶品ご飯のとも。加藤シゲアキさんも「丁度いい塩加減と、噛めば噛むほど出てくる昆布の出汁」と、その味わいに大満足。

シゲ足しレシピ「小松こんぶ入りにゅう麺」

シゲ足しレシピ「小松こんぶ入りにゅう麺」

【材料/2~3人分】

  • そうめん ・・・ 2人前
  • 水 ・・・ 600ml
  • 白だし ・・・ 大さじ1
  • 小松昆布 ・・・ 大さじ山盛り1

【作り方】

  1. 鍋に水、小松こんぶを入れて火にかけ、沸騰したら白だしを加える。
  2. 別の鍋でそうめんを1~2分茹でたら、お湯を切って器に盛り付ける。
  3. そうめんが入った器に(1)のつゆを入れたら完成。
そのままでも美味しい「雲月」の小松こんぶで作る、加藤シゲアキさんのアレンジ料理。今回作ったシゲ足しレシピは、にゅうめん。

お中元で貰うことも多い、そうめん。贈り物の定番といえる「そうめん」も夏が過ぎると、ちょっと遠のいてしまう食材。まだ食べきれずに余っているということも多いのではないでしょうか。

そこで、加藤シゲアキさん提案のちょい足しレシピが、白だし&小松こんぶを加えて旨味もアップさせた温かい“にゅうめん”。これからの季節に食べたい体も温まる“にゅうめん”は、カップ麺より早く出来上がる、本格だしが効いた優しい味わいの簡単麺レシピです。

大丸松坂屋「京・料亭わらびの里」京楽味 5種詰め合わせ

  • ちりめん山椒・焼き紅鮭などご飯のともセット
  • 価格 : 2,700円

京都「雲月」の小松こんぶ詰め合わせは、高島屋、阪急百貨店、阪神百貨店のインターネット通販にてお取り寄せ可能です。

京都「雲月」の銘品・小松こんぶお取り寄せ

御所 雲月

京都府京都市上京区寺町通今出川下ル二筋目角

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26007453/

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?