賞味期限10分のモンブラン「KYOTO KEIZO」京都のカフェスイーツ|行列のできる法律相談所

2016/12/11    0   0スイーツ・お菓子
京都「菓子工房&sweets cafe KYOTO KEIZO」の賞味期限たった10分のモンブランを、行列のできる法律相談所(日本テレビ)“世界の渡部”で渡部建さんが紹介。スイーツ好きな「ハマの番長」こと横浜DeNAベイスターズの元投手・三浦大輔さんのため用意したのは、京都にあるカフェ「KYOTO KEIZO」で人気の和栗の10分モンブラン。

菓子工房&sweets cafe「KYOTO KEIZO」

@29sakoが投稿した写真 -

今年、プロ野球選手として25年の現役生活を終えた「ハマの番長」こと横浜DeNAベイスターズの元投手・三浦大輔さん。

実はスイーツが大好きな三浦大輔さんのため、世界の渡部からお疲れ様の意味を込めて特別なプレゼントを用意。それは、本来なら物理的に東京で食べることができない究極のモンブラン。

そんな幻のモンブランを提供しているのは京都市中京区、二条城から徒歩8分ほどの場所にある、菓子工房&sweets cafe「KYOTO KEIZO」。京都三条会商店街の一画にあるお店で、京町家作りの雰囲気も魅力的なスイーツカフェです。

ベルメゾン「ラ・フィーユ・ドゥース」モンブラン

  • 横浜にある洋菓子店の一番人気ケーキ
  • 価格 : 3,348円

世界の渡部おすすめ絶品スイーツ「和栗の10分モンブラン」

和栗の10分モンブラン 756円

生クリームの上にヘーゼルナッツのスポンジ生地とマロンクリームを重ね、その上にはまるでお饅頭のように厚みのあるメレンゲを乗せ、さらにマロンクリームを絞り出したモンブラン。

商品名の“10分”とは、一体どういう意味なのかというと、賞味期限が10分しかもたないという幻のモンブラン。そのため、お持ち帰りは厳禁。京都のお店に行かないと食べることができない、超貴重なモンブランなんです。

京都の和菓子「京みずは」モンブラン大福 4個入り

  • ラム酒香る白あん&栗ペーストの和洋折衷大福
  • 価格 : 1,317円

おいしさの秘密は、まんまる&サクサクなメレンゲ

モンブランが10分しかもたない理由、それは中に入っているメレンゲ。

低温でじっくりと3時間かけて焼き上げた、サクサクのメレンゲが味の決め手なのですが、完成から10分で食感と風味が失われてしまうため、賞味期限は10分とされています。

食感は「サク、ふわ、とろっ」。口の中に入れると、ふわっと溶けて消えてしまう、なんとも儚いスイーツ。ナイフを入れると、メレンゲをカットした時のサクサクとした音が聞こえ、口に入れればすぐに消えてなくなってしまう。

そんな、和栗の10分モンブランの食感に「うわっ!うわぁ、中がすぐ無くなります」と、V6岡田准一さん。

中がふわっとして、口に入れると消えてしまう軽い食感は、まさに驚きの体験。国産の和栗を使用しており、メレンゲ部分は空気に触れることで食感と風味が飛んでしまうため、お店に行かないと食べられない究極のモンブラン。

人気スイーツのため、売り切れ次第終了です。

小戸橋製菓 マダム御用達ひみつの『ご褒美モンブラン』3個入り

  • ロールケーキにカスタード&ホイップとマロンクリームがたっぷり
  • 価格 : 2,800円

facebook

https://www.facebook.com/kyotokeizo/

菓子工房&Sweets Cafe KYOTO KEIZO

京都府京都市中京区御供町293

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260203/26027246/

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?