大多福「壺おでん」浅草の粋な手土産|ノンストップ

2016/12/12    0   0おいしい情報
東京・浅草「大多福」のお土産用おでん・壺おでんを、ノンストップ(フジテレビ)手土産特集で紹介。100余年続く、浅草の老舗おでん屋さん「大多福」では、益子焼の壺に入ったお土産用のおでんを販売。それは、昔から花柳界の芸妓さんへの手土産としても重宝された粋な贈り物です。

ノンストップ(フジテレビ)暮らしのたしなみ「手土産」。

大多福(おたふく)

提灯が目印の「大多福」は、緑に囲まれた外観が印象的

その昔、花柳界に遊びに行く旦那衆から重宝された浅草の手土産。それは手土産益子焼の壺の中に入った、この時期にぴったりの温かい食べ物「おでん」。

そんな粋な手土産を販売しているのは、つくばEXP・浅草駅から徒歩6分ほど、言問通り沿いにある「大多福」。こちらは大正4年(1915年)創業の浅草の老舗おでん屋さんで、常時35~40品のおでん種を用意。

有名店だけに満席になるのも早く、予約しなかった場合は待ち時間が必要な場合が多いかも。

上品なダシに魅了される「大多福」のおでん。他にも刺身や西京焼き、竜田揚げ、合鴨くんせい、グリーンサラダなど一品料理もかなり充実した、おでん居酒屋さんです。

下鴨茶寮「京おでん」京都料亭の期間限定おでん鍋

  • 鰹、昆布ベースの風味豊かな出汁を使用
  • 価格 : 5,400円

気持ちもほっこりする温かい手土産“壺おでん”

おでん 壺みやげ 5,000円/2人前

大多福の特製壺入りおでん。掛け紙を取ると壺の一番上には、がんもどきがフタのように置かれておりインパクト大。人参、しらたき、ゆば、タコ、うずら、ちくわ、しゅうまい揚げ、車麩など味の染みた17種類の具材入り。

壺に入っている利点は、保温性が良いこと。冬場でも買ってから2時間くらいは温かい状態を保っているので、手土産にした時にも届け先で温かい状態のおでんを食べることができます。

素材を生かす「大多福」伝統のおでん

値段は5000円ですが、意外性が楽しめる手土産。当時の芸妓さんの間では、食べ終わった壺を花瓶として再利用するもの粋なたしなみのひとつだったそう。

和文化研究科・All About「暮らしの歳時記」ガイドの三浦康子さん

そもそも昔、粋な旦那衆が温かいおでんを芸妓さんに食べさせたいということで、保温性が非常に高い壺に入れたというのが由来になります。

赤玉本店「金澤おでんセット」

  • 金沢おでん有名店の具材と秘伝の昆布だしセット
  • 価格 : 4,536円

大多福

東京都台東区千束1-6-2

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003741/

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?