星野源の差し入れ京都「吉廼家」ミカンや葡萄の大福|逃げるは恥だが役に立つ

2016/11/07    0   0スイーツ・お菓子
逃げるは恥だが役に立つ(TBSテレビ)撮影現場に、星野源さんが「京菓子処 吉廼家」の大福を差し入れ。星野源さんが差し入れたのは、みかん大福や葡萄大福といったフルーツ大福、そして豆大福、よもぎ大福。

ちなみに「吉廼家」では、小さな和菓子を詰め合わせた「おとぎ草子」がお取り寄せ可能です。

京菓子処 吉廼家(よしのや)

地下鉄烏丸線・北大路駅より徒歩2分の場所にある「京菓子処 吉廼家」。京都大徳寺の住職であった一休和尚の名から形どった、店の名物『一休餅』をはじめ、ひとつひとつ丁寧に手作りされる、季節感を盛り込んだ創作和菓子を販売しています。

そんな「吉廼家」の大福を、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の撮影現場に差し入れたのが、津崎平匡役を演じている星野源さん。

今ではフルーツ大福の定番といえるミカン1個を丸ごと包んだ美甘大福や、ブドウを一粒入れた葡萄大福。他にも、栗入りの大福・栗餅や豆大福、よもぎ大福を差し入れた様子。

また「吉廼家」では、いちご大福、抹茶黒豆大福など、販売している大福のレパートリーが豊富。他にも様々な餅菓子や和菓子を販売しています。

「吉廼家」大福のお値段

味甘大福 3個入り 810円
葡萄大福 3個入り 746円
豆大福 3個入り 551円

今治「清光堂」一福百果 まるごとみかん大福 10個入り

  • 愛媛のミカンを白あんと大福で包みました
  • 価格 : 4,320円

吉廼家の銘菓「おとぎ草子」&「水ようかん豆腐」

「京菓子処 吉廼家」を代表するお菓子「おとぎ草子」。

お伽草子とは、室町時代から江戸時代にかけてつくられた短い物語のこと。そんな掌編小説にちなんで作ったのが、季節に応じて変化する小さくて彩り豊かな"掌菓"の「おとぎ草子」です。※日持ちは6日(夏期5日)です。

おとぎ草子(紙箱入り)

9ヶ入 1,188円 / 15ヶ入 1,728円 / 30ヶ入 3,456円

おとぎ草子(お重入り)

1段16ヶ入 2,052円 / 2段32ヶ入 3,780円 / 3段48ヶ入 5,508円

モアさん(@mochi_moa)が投稿した写真 -

箱の中に水ようかんを流し、四季の風景を表現した口当たりやわらかな水ようかん(432円)。

季節に応じて絵柄の変わるは、三色団子を入れたお花見バージョン、かきつばた、てるてる坊主と紫陽花、白兎のお月見、雪だるまやツリーの雪観豆腐など様々。※日持ちは6日です。

大丸松坂屋「満月」阿闍梨餅 10個入り

  • 人気の京都土産、もっちり皮の阿闍梨餅(あじゃりもち)
  • 価格 : 1,188円

「京菓子処 吉廼家」では、ひと口サイズの小さな和菓子「おとぎ草子」がFAXにて注文・お取り寄せ可能です。

京菓子処 吉廼家

http://www.kyoto-yoshinoya.co.jp/home.html

百貨店・お取り寄せサイトで和菓子を探す

京菓子処 吉廼家

京都府京都市北区北大路室町西入ル

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26008740/

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?