マリベル「バレンタインガナッシュ」限定BOXに入ったアートなプリントチョコレート

2017/01/15    0   0洋菓子
MARIEBELLE(マリベル)は、NY・ソーホーにあるアメリカ発のチョコレートブランド。創立者である女性ショコラティエ、マリベル・リーバマンが創り出す本格派のチョコレートは、女性らしい感性が詰まった繊細でアートな逸品です。

バレンタインアソート「ハート入りブルーボックス」

ハート入りブルーボックス 9粒アソート

マリベルのアイコンでもある定番のブルーボックスに、9個のチョレートを詰め合わせ(4,752円)。真ん中には真紅のハート型をしたバレンタイン限定ガナッシュ「マシュマロ入パッションフルーツ」入り。

バレンタイン柄をプリントしたガナッシュは、オレンジ、ピスタチオ、パッションフルーツ、シャンパン、ミルクチョコレート、ラムレーズン、マダガスカルがあり、絵柄ごとにフレーバーが異なります。

バレンタイン限定のブルーボックスアソートは、2個入り(1,350円)、4個入り(2,268円)、6個入り(3,402円)、9個入り(4,752円)を販売しています。

ロマンティックなストーリーを思わす「バレンタインボックス」

バレンタインボックス 9粒入り

バレンタイン限定ボックスに詰め合わせた、9粒のガナッシュ(4,968円)。フレーバーごとに異なる小さなアートのようなプリントを施した、本格派のガナッシュです。

カカオマーケットbyマリベル「カカオバー ライブラリーボックス」

マリベル・リーバマンの故郷・ホンデュラスで、カカオの栽培から品質管理、製造工程、素材の組み合わせを行うFARM TO BARチョコレート。

おしゃれで可愛らしいライブラリーボックスの中に、80%ダークチョコレート、ミルクチョコレート&オレンジ、70%ダークチョコレート&バナナ、ホワイト&ミントという、4枚のチョコレート入り(3,780円)。

バレンタインチョコレート博覧会2017

  • 阪急百貨店のバレンタインカタログ

ワンダートレジャー(マリベル特製缶入りクッキー)

マリベル初のクッキー缶詰め合わせ(5,000円/360g)。クラシカルで雰囲気ある艶消しの銀色缶の中には、素材にこだわった10種類のクッキー入り。

甘酸っぱいラズベリーのメレンゲや、姉妹店「カカオマーケット」で販売している人気商品の形状&味違いなど、バラエティに富んだ詰め合わせ。賞味期間は常温で30日です。

婦人画報のおかいもの

婦人画報のおかいもの

  • マリベルの缶入り限定焼菓子や濃密ガトーショコラも販売

4種類の焼き菓子「パンドラボックス」

Me-Chanさん(@meeee_chan)が投稿した写真 -

オリジナルチョコレートとナッツをふんだんに使った、食べ応えのある4種類の焼き菓子詰め合わせ(5,000円/550g)。

チョコレートクッキーとピーカンナッツを組み合わせた「ピーカンナッツフロランタン」。オーガニック胡桃&キャラメル入りの「エンガディナーショコラ」。グラノーラをスパイシーなチョコレートと蜂蜜で固めた「フルーツパテ」。

そして、シトラス風味のダクワーズをチョコクリームでサンドした「シトラスダクワーズ」という、個性的で食感も楽しい缶入りスイーツです。※賞味期間は常温で30日

フレーバーの異なる4種類の「ホットチョコレート」

最高級チョコレートを削って作られた、缶入りのホットチョコレート(2,300円/170g入り)。ホットミルクや熱湯、コーヒーなどを組み合わせて、好みのホットチョコレートを味わえます。

ブラウン缶「アズテック」

ホンデュラス産カカオを使用。

レッド缶「スパイシー」

ホンデュラス産カカオの「アズテック」に、7種のスパイスが入った大人の味わい。

ゴールド缶「ヘーゼルナッツミルク」

少し甘めでナッツが香ばしさが特徴。

ブルー缶「ホワイト」

はバニラの甘い香りが特徴。

婦人画報のおかいもの

婦人画報のおかいもの

  • マリベルの缶入り限定焼菓子や濃密ガトーショコラも販売

マリベルをお取り寄せ

MarieBelle

http://www.mariebelle.jp/

バレンタインチョコレート関連記事

ピエール・エルメ・パリ「ボンボンショコラ」新作の一粒も加えた限定BOX入りチョコレート

ラ・プティット・マーキーズ「ケルノン・ダルドワーズ」青が印象的なヌガティンチョコレート

cacao(カカオ)生チョコ「小町通りの石畳」獺祭スパークリング/鶴齢の梅酒/天使の誘惑

パティスリーモンシェール「獺祭ボンボンショコラ」個性的な球体チョコレート

クラブハリエ「チョコレートスイーツ」人気のバームクーヘンもバレンタインにぴったりなカカオ仕立て
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?