船越英一郎の手土産「バウムクーヘン」洋菓子ヴィヨン桜新町|林先生が驚く初耳学

2017/03/05    0   0洋菓子
船越英一郎のテッパン手土産、東京・桜新町「洋菓子ヴィヨン」バウムクーヘンを、林先生が驚く初耳学!(毎日放送)で紹介。お取り寄せも可能な「洋菓子ヴィヨン」のバウムクーヘンは、“水無しバウム”と呼ばれるしっとり感が魅力。船越英一郎さんが差し入れに愛用する定番スイーツです。

林先生が驚く初耳学!(毎日放送)スイーツの初耳学、芸能人がココ一番の時に必ず使うスイーツのテッパン手みやげ。

洋菓子ヴィヨン

バウムクーヘン

船越英一郎さんお気に入りのテッパン手土産は、世田谷桜新町にある創作菓子の店「洋菓子ヴィヨン」のバウムクーヘン。

桜新町といえば、漫画「サザエさん」の原作者・長谷川町子さんが住んでいた町。長谷川町子美術館もあり、サザエさん一家の銅像や看板、サザエさん通りなど「サザエさんの街」としても有名。

そんな、東急田園都市線・桜新町駅より徒歩1分ほどの場所にある「洋菓子ヴィヨン」で、船越英一郎さんが贔屓にしているのが、しっとり食感のバウムクーヘン。

ねんりん家「マウントバーム しっかり芽」3山

  • 高級感あるプレミアムボックス
  • 価格 : 4,860円

長年の経験で焼き上げる手作りバウムクーヘン

バウムクーヘン 0号 1,350円

回転する芯棒に少しずつ生地をかけ、焼き具合を見計らいながら一本1時間かけて焼き上げるバウムクーヘン。その特徴は、水や牛乳など飲み物が無くても食べられる、しっとりとした質感。店主が51年間ひとりで焼き続けている、こだわりの逸品です。

バウムクーヘンのサイズと値段(税抜き)

  • 0号(直径15cm/厚さ3cm)1,250円
  • 1号(直径18cm/厚さ3cm)1,875円
  • 2号(直径18cm/厚さ4.8cm)2,810円
  • 3号(直径18cm/厚さ6.4cm)3,750円
  • 0号2段(直径15cm/厚さ6cm)2,500円

大丸松坂屋「洋菓子きのとや」バームクーヘンS

  • 北海道の良質素材で作る、しっとりやわらか食感
  • 価格 : 1,404円

船越英一郎さんのテッパン!プリントチョコデコレーション

手土産や差し入れ、贈り物にもぴったりなデコレーションに対応してくれる「ヴィヨン」のバウムクーヘン。

実は、丸い板状のチョコレートに好きな写真をプリントしたプレートをバウムクーヘンに乗せた、オリジナルスイーツが作れるんです。結婚式の引菓子や出産祝い、還暦のお祝い、誕生日プレゼントなど、お祝いスイーツとしても使えそうな、このアイディア。

ちなみに船越英一郎さんが注文する際は、毎回自らの顔写真をプリントしているそうです。

船越英一郎さん

こちらはね、お味はもちろんなんですけれども、やっぱり食感でございますね。

世の中はバウムクーヘンというと、やっぱり何か水分と一緒に食べないとちょっとポソポソしてるなって時代に、突然出てきた全くしっとりとしたバウムクーヘンだったんです。誰が呼んだのか「水無しバウム」なんて名前が付くぐらい、その当時からしっとりしてたんですね。

今主流のしっとりバウムクーヘンの、まさにパイオニア、草分け的なお店と言っても過言ではないんじゃないでしょうか。

形もかわいい!ゼリー入りバウムクーヘン「ヴィヨネット」

「洋菓子ヴィヨン」といえば、定番を覆すゼリー入りのバウムクーヘンも話題。

ヴィヨネット・フランボワーズ

花瓶のような形に焼き上げたしっとり感あるバウムクーヘンに、甘酸っぱい木苺のゼリー入り。小(1,450円)、大(2,470円)。

ヴィヨネット・ポワール

洋梨のようなフォルムに焼き上げたバウムクーヘンに、さっぱりとした洋梨ゼリー入り。小(1,450円)、大(2,470円)。

ヴィヨネット・ポム

リンゴの形に焼き上げたバウムクーヘンに、さわやかな青リンゴのゼリー入り。販売サイズは小(1,450円)。

ヴィヨネット・パッション

花瓶のような形のメープルバウムクーヘンに、濃厚で刺激的なパッションフルーツのゼリー入り。販売サイズは大(2,470円)。

ヴィヨネット・マンゴー

マンゴーのような形に焼き上げたメープルバウムクーヘンの中に、マンゴーのゼリー入り。販売サイズは大(2,470円)。

洋菓子ヴィヨンでは、FAXにてバウムクーヘン、ヴィヨネット、チョコレート、焼き菓子詰合せなどがお取り寄せ可能です。

洋菓子ヴィヨン

http://www.villon.co.jp/

百貨店・お取り寄せサイトのバウムクーヘン

洋菓子ヴィヨン

東京都世田谷区桜新町2-8-4

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13023844/

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?