• くろたまジャムの作り方「魔法のジャム」玉ねぎ・黒砂糖・黒酢で免疫力アップ!|あさチャン

くろたまジャムの作り方「魔法のジャム」玉ねぎ・黒砂糖・黒酢で免疫力アップ!|あさチャン

2017/04/26    0   0レシピ
魔法のジャム「くろたまジャム」の作り方や効果・効能を、あさチャン(TBSテレビ)で紹介。料理研究家・村上祥子さんが“最高傑作”と呼ぶ「くろたまジャム」は、玉ねぎ・黒糖・黒酢で作る万能調味料。カレーやハンバーグ、スムージーにもちょい足しOKの時短簡単ペーストです。

あさチャン(TBSテレビ)あさトク、スプーン一杯で体質改善も!減塩&時短「くろまジャム」。

料理研究家・村上祥子さん考案「魔法のジャム」

魔法のジャム

スプーン一杯で免疫力アップと話題となった“魔法のジャム”。それは、関連書籍の累計発行部数が20万部を超え、大人気となっている「にんたまジャム」と「じんたまジャム」。

ニンニクと玉ねぎをペースト状にした「にんたまジャム」、生姜と玉ねぎをペースト状にした「じんたまジャム」ですが、ニンニクや生姜を使うと臭いが強く、ちょっと気になってしまう。

そこで新たに登場した“第3の魔法のジャム”が、真っ黒い色をした「くろたまジャム」。

考案者は料理研究家で福岡女子大学客員教授の村上祥子先生。

これまで電子レンジを活用したお手軽料理や、糖尿病、減塩、たまねぎ氷など、健康を意識した多くのレシピを考え出してきた村上祥子さん。

そんな村上祥子さんが「料理研究家人生50年の最高傑作」と言い切る“第3の魔法のジャム”=「にんたまジャム」は、玉ねぎに黒砂糖と黒酢を加えて作る、とっておきの万能調味料です。

くろたまジャムの作り方

くろたまジャムの作り方

【材料】※出来上がり140g(大さじ6杯分)

  • たまねぎ ・・・ 大きめ1個(250g相当)
  • 黒砂糖 ・・・ 60g
  • 黒酢 ・・・ 大さじ2

【作り方】

  1. たまねぎを四つ切りにして耐熱ボウルに入れ、両端を少し開けた状態でラップをしたら、電子レンジ600Wで5分加熱する。※500Wなら6分加熱。
  2. 玉ねぎがしんなりしたら汁ごとミキサーに移し、黒砂糖、黒酢を加えて撹拌する。
  3. ピューレ状にトロトロになったら耐熱ボウルに戻し、ラップをせずに電子レンジ600Wで10分(500Wなら12分)加熱する。
  4. 水分を飛ばし、1/4程度まで煮詰まったら完成。
  5. 出来上がったら熱いうちに、しっかりと乾燥させた密封容器に詰める。
玉ねぎに黒砂糖と黒酢を加えることで、コクと風味が生まれる「くろたまジャム」。お酢の酸味が苦手な場合は、さらに電子レンジで5分ほど加熱すると酸味が和らぎます。

材料は玉ねぎと黒酢、黒砂糖だけというシンプルさ。誰でも手軽に作れる上、いつもの料理にちょい足しするだけでコクと旨みがアップ。

そんな「くろたまジャム」の一日の摂取量は、大さじ1~3杯で十分。しかも料理を美味しくするだけではなく、冷え性などを体質改善にもつながるという、女性に嬉しいジャムなんです。

くろたまジャムの「ドレッシング」レシピ

たまねぎ

【材料】

  • くろたまジャム ・・・ 大さじ1
  • オリーブオイル ・・・ 大さじ1
  • 酢 ・・・ 大さじ1
  • 塩 ・・・ 適量
  • こしょう ・・・ 適量

【作り方】

  1. 全ての材料をボウルに入れ、泡立て器でかき混ぜたら完成。
まろやかで甘さも丁度良く、フルーティーな味わいの「くろたまジャム」。玉ねぎとは思えない、果物を思わせるような雰囲気です。

オリーブオイルの他、えごま油や亜麻仁油オイルなどをプラスして味を整えたら、お刺身のカルパッチョやサラダに使える簡単ドレッシングに早変わり。

ジャムにすることで玉ねぎ特有のニオイが抑えられ、どんな料理にも手軽に合わせてアレンジを楽しめます。

くろたまジャムの“ちょい足し”アレンジレシピ

ハンバーグ

ハンバーグ

いつものハンバーグの材料にちょい足しすれば、コクとうまみがアップ!くろたまジャムを加えれば、炒め玉ねぎを入れる必要がないので、料理の時間短縮にも役立ちます。

じゃがいものオーブン焼き

蒸したジャガイモを食べやすい大きさにカットして、皮つきニンニクと一緒に耐熱容器に乗せ、塩、オリーブオイル、くろたまジャムをトッピング。

そこにローズマリーを乗せてオーブンで焼き上げれば、あっという間におかずが一品完成。くろたまジャムを調味料として少し加えることで、甘みがアップします。

カレー(2人分)

くろたまジャムを大さじ2杯加えれば、カレールーは本来の半量程度の20gで十分な美味しさになり減塩効果も。

唐揚げ

くろたまジャムは唐揚げの下味調味料としても最適。鶏もも肉200gに、くろたまジャム大さじ1杯、塩を小さじ1/3加えて揉み込めば、普段の半分程度の塩加減で十分に味付けができます。

みそ汁

くろたまジャムをダシの代わりに使うことで、味噌の量もいつもの1/3ほどでOK。

東尾理子さん

これダシ入ってないんですか!?味噌も1/3。あの、さっぱりはしてる感じですけど、旨み、甘み、深みがあります。美味しい。
くろたまジャムを加えると、甘みとコクがアップして塩分もぐっと抑えられ、旨味調味料の代用品としても便利。あらかじめストックしておけば、毎回玉ねぎを切ったり、すりおろしたりする手間が省け、料理の時間短縮にも繋がります。

くろたまジャムの「スムージー」レシピ

スムージー

【材料】

  • 小松菜 ・・・ 50g
  • バナナ ・・・ 50g
  • 牛乳 ・・・ 100ml
  • くろたまジャム ・・・ 大さじ1

【作り方】

  1. 全ての材料をミキサーに入れ、ほどよく混ざるまで攪拌したら完成。
くろたまジャムをはタマネギ臭さも無く、これからの時期エアコンなどで冷えが気になる方にもピッタリな飲み物です。

くろたまジャム愛用者の効果とは

くろたまジャム愛用者の効果とは

くろたまジャムを約2ヶ月愛用している女性(78歳)が、普段どんなふうに「くろたまジャム」を摂取しているか覗いてみると、パンに塗ったり、無糖ヨーグルトに混ぜたり、紅茶に入れたりと、砂糖の代わりに利用。

こうして毎日「くろたまジャム」を食べ続けたことで、体調に良い変化が生まれたそう。

それは、まだまだ寒い日でも体がポカポカとして、部屋の中で服を2枚しか着なくても平気なこと。さらに便秘気味だったのに腸内環境も整い、お通じもにも効果があったそうです。

くろたまジャムを食べる分量(一日の摂取目安)

くろたまジャム愛用者の効果とは

玉ねぎが血液の流れを良くするため、体質改善にも効果的な「くろたまジャム」。腸内環境を整え、血液サラサラ効果もあり、肌にも効果が期待できるという万能調味料です。

ちなみに一日の摂取目安は、大さじ1~3杯程度。食べ過ぎると玉ねぎの成分によってお腹がゆるくなる場合がありますので、自分の適量を見つけてください。

料理研究家・村上祥子さん

玉ねぎの持つイソアリイン(辛味成分)が、体の隅々まで栄養分も酸素も供給されます。それで体温が上がります。その上に黒砂糖のミネラル、黒酢のアミノ酸をプラスしました。
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?