ロージナ茶房「ザイカレー」罪深いほど辛い!喫茶店グルメ国立|嵐にしやがれ

嵐にしやがれ(日本テレビ)で、東京・国立「ロージナ茶房」ザイカレーを紹介。60年以上続く喫茶店「ロージナ茶房」で人気の逸品ザイカレーは、“罪深いほどの辛さ”という意味を持つビーフカレーライス。ひと口食べた櫻井翔さんに、辛さが時間差で訪れています。

嵐にしやがれ(日本テレビ)滝沢秀明さんと「喫茶店グルメデスマッチ」。

ロージナ茶房

riekoさん(@rs.48)がシェアした投稿 -

東京・国立にある、レトロでノスタルジックな喫茶店「ロージナ茶房」。ここは、昭和29年(1954年)に創業し、60年以上親しまれている名店。

お店があるのはJR中央線・国立駅南口から徒歩2分ほど。一橋大学から程近い場所にあり、かつては石原慎太郎氏も足繁く通ったというお店。老若男女のお客さんで混雑している喫茶店です。

そんな歴史ある名店で人気ナンバーワンのメニューが、カレーライスの「ザイカレー」。その味は、超辛いけどウマイ、クセになる味わい。

15種類のスパイス配合!辛旨ビーフカレー「ザイカレー」

ザイカレー 900円

ゆで卵のスライスをトッピングした超辛口なカレー。メニュー名は「罪深いほどの辛さのカレー」という意味を持つ、辛さを誇るカレーなんです。

具材は、たまねぎやセロリなどの野菜。さらに15種類のスパイスをブレンドした秘伝のルーが溶け込んでいます。カレーのベースが出来たら、一度火を通した牛のバラ肉を加え、24時間じっくりコトコト煮込みの工程。

こうして柔らかくトロトロになった牛肉と、スパイスの絶妙な辛さが相まって、一度食べたらヤミツキの美味しさ。

櫻井翔さん

ウ~マイ。めちゃくちゃウマイ。インドカレーとかの辛さとは違うんですよ。この色味が物語ように、ややハヤシライスよりと言いますか、すごい深みが・・・から~い。・・・辛~い、けど旨~い。
そんな、名店「ロージナ茶房」のザイカレーを味わった櫻井翔さん。味の感想を伝えている途中に突如辛さに襲われたのか、辛味がだいぶ時間差で訪れた様子。

そして、思わず来ていたシャツを脱いで、半袖のTシャツ姿になり「カレーはスポーツです」とキッパリ。

ロージナ茶房

東京都国立市中1-9-42

https://tabelog.com/tokyo/A1325/A132503/13016337/

 関連記事

ロージナ茶房「フルーツゼリー」宇梶剛士の行きつけ国立 | にじいろジーン

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?