• 鶏飯「ヨロン島ビレッジ」鹿児島郷土料理 | もしもツアーズ

鶏飯「ヨロン島ビレッジ」鹿児島郷土料理 | もしもツアーズ

2013/06/22    0   0ホテルグルメ
鹿児島県与論島「ヨロン島ビレッジ」で食べられる郷土料理の鶏飯を、もしもツアーズ(フジテレビ)で紹介。鶏飯とは、鶏もも肉、錦糸たまご、紅生姜などを乗せた丼飯に、鶏がらスープを注ぎお茶漬けのように食べる滋味深い素朴な料理。

もしもツアーズ(フジテレビ)日本一天国に近い島“ヨロン島”で夏の絶景スペクタクル。南国リゾートで夏先取り人生ゲームツアー前編。

ヨロン島ビレッジ

ホテルヨロン島ビレッジ航空券&宿泊

鹿児島県与論島にある「ヨロン島ビレッジ」は、南の島にあるホテル・ペンション。

その中にあるレストラン『たら』で食べられる鶏飯(けいはん)は、高タンパク&低カロリーな鶏ムネ肉を使ったこの地方の郷土料理。

鶏飯セット 1,260円

丼にご飯を入れた鶏ムネ肉、干しシイタケ煮、錦糸たまご、紅生姜、きざみのり、細ネギなどを盛り付けた丼飯。そこに鶏がらスープを注いで、お茶漬けのようにサラサラと頂く。素朴な具材ですが栄養たっぷりで、新陳代謝を促しコラーゲンも豊富で美肌に嬉しい料理。

焼いた鶏ムネ肉は、さきイカのように手で細かく裂いたもの。合わせるスープは鶏ガラを入れてダシを取り、醤油を加えたコラーゲンたっぷりな鶏がらスープ。家でも作れる料理なので、その場合スープは市販の鶏がらダシと醤油・塩を少々加えればOK。

鶏飯は元々、江戸時代に薩摩の役人をもてなすために作り、別名“殿様料理”と呼ばれているもの。昭和天皇が奄美大島を訪問された際、鶏飯の素朴な味を賞賛されたそう。

ヨロン島ビレッジ

[楽天]ホテルヨロン島ビレッジ宿泊プラン
ホテルヨロン島ビレッジ航空券&宿泊

ヨロン島ビレッジ たら

関連ランキング:創作料理 | 与論町その他

海藻スーナ

スーナとは方言で、ユミイガタオゴノリというこの地域でしか採れない貴重な海藻。茹でる前は赤みを帯びていますが、茹でると緑色に変化。じつは海藻には赤と緑の色素が含まれており、75℃になると赤い色素が緑に変化するため、湯通しするとキレイな緑色に。

見た目は珊瑚のようでゴリゴリとした楽しい歯応えがあり、カリウムが豊富で夏バテや熱中症に効果的。酢味噌と合わせることで、焼けた肌にも最適です。

ヨロン島

沖縄本島から飛行機で30分、沖縄県の真上に位置する鹿児島県ヨロン島。沖縄が日本に返還されるまで日本最南端のリゾート地として栄えた島で、平均気温23℃と1年を通して温かく、冬でも半袖で過ごせる癒しの楽園。

そして、この夏は与論島がリアル人生ゲーム島に変化。45周年を迎えた人生ゲームが、島にある4箇所の大型ルーレットを回して人生ゲームに参加できるという面白イベントを開催。

[タカラトミー]人生ゲーム 2,327円

百合ヶ浜

別名“幻の砂浜”とも呼ばれている百合ヶ浜は、大潮の干潮時にのみ海の中に浮かび上がる白い砂浜。その日の潮の満ち干きによって出現するポイントや大きさも変化。

百合ヶ浜までは船に乗って移動。透明度の高いエメラルドグリーンの海では、ウミガメにも遭遇できる可能性が高い。ヨロン島を含む鹿児島県はウミガメ上陸数日本一で、近年減少しつつあるウミガメにとっても貴重な海となっています。
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?