• 箱根富士屋ホテル伝統のビーフカレー&コンソメスープ | はなまるマーケット

箱根富士屋ホテル伝統のビーフカレー&コンソメスープ | はなまるマーケット

2013/08/08    0   0ホテルグルメ
TBSテレビ『はなまるマーケット』でクラシックホテルを特集。箱根富士屋ホテルでは館内の装飾や調度品見学、伝統のビーフカレー、コンソメスープなど、長い間受け継がれてきた伝統の絶品グルメを紹介。日帰りで楽しめるクラシックホテルの歩き方をご案内。

100年以上の歴史を持つクラシックホテルが注目を集め、ホテルを気軽に楽しめる本が発売されたり、ホテルを巡るツアー、そこでしか買えないお土産もあり密かなブームになっている。クラシックホテルと聞くと敷居が高そうですが、実は日帰りでも十分楽しめて、自由に見学できるスポットがもあり宿泊しなくてもホテルの雰囲気を存分に楽しむことが可能。

箱根 富士屋ホテル

箱根登山鉄道、宮ノ下駅から徒歩5分。明治11年、日本初のリゾートホテルとして開業した箱根富士屋ホテルは、創業135周年を迎えたクラシックホテル。5000坪の敷地には、本館(明治24年建造)、菊華荘(明治28年建造)、西洋館(明治39年建造)、絢爛豪華な外観が目をひく花御殿(昭和11年建造)、フォレスト館(昭和35年建造)の、5つの宿泊施設がある。

一歩足を踏み入れると、明治大正の趣きあるモダンなロビーが広がっており、館内はヒノキをベースにしたアロマの香りが心地よい。これは、@aroma(アットアロマ)製の箱根富士屋ホテルオリジナルアロマで、購入も可能。

富士屋ホテルの名前は、富士山をもとに名付けられたもの。富士屋ホテル創業者である山口仙之助氏は大学時代に、慶応義塾大学の創始者、福沢諭吉から「外国人の方をお迎えするホテルを作りなさい」と指導を受け、富士屋ホテルを創業したのだそう。

地下1階 クラシックチャペル

地下1階のクラシックチャペルは昭和11年当時、舞踏場として使用されていた部屋。現在では年間600組のカップルがクラシックチャペルで挙式をしており、挙式が無い日は見学可能。チャペルにあるお宝は、100年以上前に製作されたドイツ製オルゴール「ミカドポリフォンクロック」。

穴場スポット菊華荘

明治28年に御用邸として建てられ、昭和21年に富士屋ホテルに払い下げられた。現在は和食レストランと宿泊施設があり、庭が一段と素晴らしい。食事をしなくても庭を散策することは可能。赤い橋を渡った先には東屋があり、 目の前には明星ヶ岳の大パノラマが広がっている。

世界的VIPも宿泊

ヘレン・ケラー

ロビーの柱にある尾長鶏の彫刻は、ヘレン・ケラーにまつわるモノ。昭和12年、24年と富士屋ホテルに2回宿泊したヘレン・ケラーですが、1度目の来館の際ホテルにいた尾長鶏をとても気に入ったそう。そして、当時の富士屋ホテル当主が3度目の来館に備えてヘレン・ケラーのために彫ったもの。尾長鶏の下には、欅の一枚板に源頼朝が富士の裾野で巻狩りをおこなう風景を現した彫刻があります。

チャールズ・チャップリン

80年前、世界的VIPのチャールズ・チャップリンが宿泊したのは、現在でも宿泊可能なチャップリンズルーム。 部屋にある鏡台は、チャップリンが宿泊した際も置かれていたもの。そして、部屋の奥にはチャップリンのサインがあり、色紙には富士山とサインが描かれている。チャップリンは1932年5月に兄と訪れ2泊したそう。

チャップリンプリン 1,000円

紅茶のプリンはアイスの上にチョコレートの山高帽をあしらっている。
※1日限定15食、ティーラウンジオーキッドで注文可能。

伝統を引き継ぐ絶品グルメ

昭和6年建造のメインダイニングでは、135年間守り続けられている絶品グルメが堪能できる。ダイニングの天井は5.5mと高く、636種類の花と蝶が描かれ、柱の根元には厳しい眼差しの三代目当主の山口正造氏の顔が彫られている。山口正造氏の顔はダイニング内に37個あり、富士屋ホテルで働く従業員に向け睨みをきかせているそう。

コンソメスープ 1,000円

箱根の水で作られる琥珀色のシンプルなコンソメスープは、明治時代のレシピ。

富士屋ホテル伝統のビーフカレー 2,400円

極上のコンソメスープを使い、手間ひまかけて作られた伝統メニュー。 3日かけて作ったコンソメスープを、炒め玉ねぎ、ニンジン、にんにく、特性のカレールウとゆっくり混ぜ合わせる。その後、極上の牛肉と合わせじっくり煮込んだら、さらに3日間寝かせて出来上がり。そして、昔からフォークで食べるのが富士屋流。味はカレーというより、ビーフストロガノフのような上品な一品。

富士屋ホテルグッズ

富士屋ホテル関連商品は、スイーツ、ホテルブレッド、デーブルウェアなど様々な種類があり、公式オンラインショップ『富士屋ホテル倶楽部』から、お取り寄せ可能。

富士屋ホテルの人気おみやげ

  • 伝統ビーフカレー 700円
  • コンソメスープ 700円
  • テディベア 5,250円
  • ホテルオリジナル アロマエッセンシャルオイル 1,260円

富士屋ホテル倶楽部

https://asp.hotel-story.ne.jp/ec/fujiya/

富士屋ホテル

関連ランキング:旅館 | 宮ノ下駅小涌谷駅彫刻の森駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?