• 新橋「牛かつ おか田」TAKAHIROが体験!スピードランチ | バイキング

新橋「牛かつ おか田」TAKAHIROが体験!スピードランチ | バイキング

2014/04/01    0   0おいしい情報
新橋「牛かつ おか田」で、EXILEのTAKAHIROがランチ体験。ニュー新橋ビルの地下にお店を構える「牛かつ おか田」は、行列の出来る人気店。メイン料理は、揚げ時間たった30秒のミディアムレア牛かつ。バイキング(フジレテビ)注文したらマッハで提供!お待たせしないスピードランチ。

TAKAHIROが体験!新橋「牛かつ おか田」

新橋「牛かつ おか田」TAKAHIROが体験!スピードランチ

食べることに妥協を許さないEXILEのTAKAHIRO。実は、飲食店クチコミサイトの大手・食べログ有料会員であり、普段のランチ選びに2時間かけることもあるほど、ランチにかなりこだわりを持つ人物。

そんな“EXILEの渡部建”といえるTAKAHIROが、日頃馴染みの無いサラリーマンの街・新橋で人気のスピードランチを初体験。

訪れたのは、新橋SL広場に面したニュー新橋ビルの地下1階にある「牛かつ おか田」。このビル内で営業してから13年目になる「牛かつ おか田」は、超マッハなランチが味わえるお店です。

また、店内は狭いので、普段のランチタイムはすぐに行列が出来てしまう人気店。新橋という場所柄、お客さんは男性サラリーマンだけかと思いきや、幅広い年齢層の女性も訪れています。

そんな「牛かつ おか田」のスピードメニューが、注文してから60秒で食べられる、女性にも人気のヘルシー牛かつランチ。

揚げ時間30秒!「牛かつおか田」牛ロースかつ

牛ロースランチかつセット 1,300円

外はサクサク、中はジューシーな牛ロースかつ。サクッした薄い衣に包まれているのは、赤味を帯びたミディアムレアの牛肉。油のしつこさが無い牛カツは、牛肉があまり得意でない方も美味しいと感じる味。

その作り方は、一般的な牛かつとは異なるもの。通常、牛かつを作る場合は、牛肉に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけて揚げ、平均揚げ時間は5分ほど。

しかし「牛かつ おか田」で牛カツを揚げる時間は、わずか30秒。お客さんの目の前に運ばれてくるのは注文後してから1分程度と、めちゃくちゃ早い!

あしや竹園「特製ファミリーセット」ミンチカツ/コロッケ/ビーフカツ 5,000円

おいしさの秘密

TAKAHIROさんも「うまっ!」と舌を巻く、牛かつ。なぜ牛カツがそんなにマッハで揚げあがり、しかも美味しいのか?その秘密は、元フレンチシェフならでわの工夫。

マッハで出てくるスピードランチ店の店主・岡田健一さんは、フランスで3年間の料理修行をおこなった肉料理のスペシャリストなんです。

油の温度は210℃

お客さんが注文してから1秒後には、牛カツを油の中へ。そして、30秒後には揚げ終わりという早技。その速さの秘密は、油の温度を210℃に設定し、高い温度で一気に上げること。しかし、あまり温度が高すぎると、肉に火が通る前に衣だけ焦げてしまう。

パン粉は糖分控えめ

牛カツを美味しそうなキツネ色に仕上げる秘密はパン粉。糖分を1/3カットした糖分の少ないパン粉をし使うことで、高温でも焦げる心配が無く、しかもヘルシーになり一石二鳥。

溶き卵に小麦粉を入れて生地を作る

クレープの生地をイメージして衣を作っているというシェフ。つなぎに使う溶き卵は、衣が剥がれないようにするため溶き卵に薄力粉を混ぜ、クレープ生地を作って最低30分ほど冷蔵庫で寝かせたものを使用。

ホットケーキでも作れそうな粘り気のある生地が均一に牛肉を包むことで、揚げても衣が剥がれず肉の旨みと肉汁をしっかり閉じ込め、サクサクジューシーな仕上がり。

フレンチシェフならでわのテクニックと経験が生かされた牛かつ。たった30秒の揚げ時間のため、見た目はほとんど赤みのレア状態。

マッハで旨いスピードランチには、料理人の工夫とアイディアがつまっています。

牛かつ おか田

関連ランキング:洋食 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?