手打そば京金 勝海舟ゆかりの幕末グルメ | 幕末高校生大江戸グルメ食堂

2014/07/26    0   0そば・うどん
東京・森下の「手打そば 京金」田舎そばを、玉木宏、石原さとみ、千葉雄大が味わう幕末高校生 大江戸グルメ食堂。「手打そば 京金」の名物は、蕎麦の風味が香る田舎そば。勝海舟も好んで食べたといわれる蕎麦です。玉木宏&石原さとみが食べる!幕末高校生 大江戸グルメ食堂(フジテレビ)。

手打ちそば 京金

手打そば京金 勝海舟ゆかりの幕末グルメ

現代から幕末にタイムスリップしてしまう新時代劇・映画『幕末高校生』。玉木宏さん演じる幕末の偉人・勝海舟に関係のある、江戸時代から100年以上続く老舗の逸品を味わう。

訪れた東京下町、江東区森下にある「手打そば 京金」は、勝海舟ゆかりの今でも食べられる幕末グルメ。1831年創業の江戸から続く蕎麦の名店であり、手打ちそばの老舗です。

田舎そば 950円

名物の田舎そばは、そば殻を粗く挽いて入れ込んでおり、蕎麦の風味も豊か。勝海舟の出身地である墨田区両国が近く、幕末の頃には「京金」の蕎麦を好んで食べたと言われています。

映画『幕末高校生』では蕎麦を食べるシーンが多く、撮影中に玉木宏さんが我慢していたのが、そばつゆの付け方。粋な江戸っ子の食べ方といえば蕎麦を箸で持ったら、先をちょこんと蕎麦つゆにつける程度。

しかし玉木宏さんの場合、普段はつゆに蕎麦全体を浸すタイプのようで、いつものようにたっぷりつゆにつけて食べたいところ、撮影中は江戸っ子の粋な蕎麦の食べ方で撮影に臨んだそう。

手打ちそば工房若月・霧下本手打ち生そば 約4人前 5,500円

京金

関連ランキング:そば(蕎麦) | 森下駅清澄白河駅菊川駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?