• ボンディ神保町 欧風カレー店で松本人志グルメレポート | ガキの使いやあらへんで

ボンディ神保町 欧風カレー店で松本人志グルメレポート | ガキの使いやあらへんで

2014/07/27    0   0おいしい情報
東京・神保町駅から徒歩1分の場所にある「ボンディ神保町本店」にやって来た、ダウンタウン松本人志さん。ボンディは欧風カレー専門店で一番のオススメはビーフカレー。ジャガイモは別皿で付け合せとして提供され、このスタイルはボンディ発祥。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで(日本テレビ)チキチキ ナイスなグルメレポーターはオレだ選手権!

ボンディ神保町本店

ボンディの元祖「欧風カレー」

グルメリポーター選手権、芸歴32年のダウンタウン松本人志さんが訪れたのは、千代田区神保町・神田の古書店街にひっそりと佇む欧風カレーの店ボンディ神保町本店。創業40年の歴史を誇り、欧風カレーの元祖として多くの人に愛されている名店です。

店内に入ると待合のスペースには椅子がずらっと並べられ、ランチタイムには相当のお客さんが行列を作ることを予感させる。訪れた時間はランチタイムをかなり過ぎた15時30分ですが、店内には多くのお客さんがおり、かなりの繁盛店。そんなボンディのオススメはビーフカレー。

最初は店内の目につくものを次々とレポートして時間を繋ぐ松ちゃんですが、満席状態の店内でなかなか自分のオーダーしたカレーが運ばれてこないことに文句を言い始める。そして、店内がかなり暑く空調に対して文句を言い始めたところで、お待ちかねのビーフカレーが到着。

ボンディおすすめ!人気のビーフカレー

インドの香り、ヨーロッパの味が融合した欧風カレー

ビーフカレー  1,480円

カレーはソースポットに並々と盛られ、バターライスにはチーズがトッピング。乳製品とフルーツの甘みの中にスパイスの辛味が絶妙にマッチした逸品。メインの角切りビーフはカレーとは別々に7時間じっくりと煮込み、とろけるような柔らかさ。

別皿で提供される、2個の皮付き蒸かし芋はバターが添えられ、じゃがバターとして食べたり、お好みでカレーと一緒に食べられる。

実は、別皿でジャガイモを提供するスタイルは、ボンディが発祥。カレーソースの中にはニンジンや玉ねぎが溶け込んでおり、あえてジャガイモを付け合わせとして提供しているそうです。

松ちゃんグルメレポートの評価は?

神保町駅チカ「ボンディ」カウンター席もあり

尋常じゃないほど汗をかき、ボンディのカレーのヒミツはうまく聞き出すことが出来ないままグルメレポートは終了。そんな松ちゃんのグルメレポートは、20点満点中0点。

月亭方正 : 人見知り加減がハンパやないですよ。

ココリコ遠藤 : 先輩ぶっちゃけ、めっちゃアガってはりましたよ。

今回のグルメレポーター対決では、ダウンタウン2人の悪いところが全部出たという評価。そんなダウンタウンに対して、他のレポートにも行って欲しいと話すココリコや月亭方正さん。

松本人志 : お前らさ、俺ら、漫才師やで。

浜田雅功 : 俺らをバラしたらアカン!

松本人志 : 掛け合いハンパやないからな!!ダウンタウンの使い方全然分かってないっ!!

「欧風カレーボンディ」ホームページより、ビーフカレー(1150gパック/3,000円)が通販お取り寄せ可能。

Bondy

http://bondy.co.jp/

ボンディ 神保町本店

関連ランキング:欧風カレー | 神保町駅九段下駅竹橋駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?