• 黒い豚丼 味処新橋 川合俊一が探す北海道グルメ | 有吉ゼミ

黒い豚丼 味処新橋 川合俊一が探す北海道グルメ | 有吉ゼミ

2014/07/28    0   0おいしい情報
北海道帯広市「味処 新橋」の黒い豚丼を、有吉ゼミ(日本テレビ)で紹介。川合俊一さんが北海道物産展出店を狙い訪れた、地元で評判の黒い豚丼。50年間継ぎ足した秘伝の甘辛タレと高く盛られた豚肉が特徴。有吉ゼミ(日本テレビ)川合俊一が北海道物産展で荒稼ぎを狙う。

味処 新橋

北海道物産展への出店を目論む川合俊一さんが、地元の方に美味しい豚丼のお店を聞き込み調査したところ、浮上したのが黒い豚丼を出すお店。地元で評判の「味処 新橋」で食べられる黒い豚丼は、この道60年という強面の二代目大将が作る、帯広の隠れた絶品グルメ。

豚丼 900円

ご飯の上に高く盛りつけられた、黒くツヤの良いタレをまとった豚丼。
北海道産のこだわりのロース肉を強火で一気に焼いて旨みを閉じ込めたら、そこに真っ黒い秘伝のタレをたっぷり絡める。もはや肉がどこにあるかわからないくらいコッテリとしたタレで煮るのだが、このタレが絶品。

50年間継ぎ足された秘伝のタレは、豚のうまみが凝縮。肉と共にごはんにかければ甘辛ダレがご飯と絶妙に絡み合う、90年の歴史を誇る至極の黒い豚丼。

香りだけでおいしさが伝わる絶品に豚丼。タレの色が濃いので見た目には苦味がありそうにも感じるが、それほどでもなく「甘辛いタレが最高に美味しい」と語る川合俊一さん。

今まで物産展には出したことがない「味処 新橋」。実は、これまで10回以上物産展への出店交渉はあったが、物産展中に北海道のお店を閉めるのが嫌で断り続けてきたという、北海道に行かないと味わえない名店。

[北海谷]とかち帯広名物 直火仕上・豚丼の具 1人前 440円

47club よんななクラブ

全国の地方新聞社厳選お取り寄せ > 北海道

amazon 北海道グルメ

http://www.amazon.co.jp/

新橋

関連ランキング:丼もの(その他) | 帯広駅

川合俊一が北海道物産展で荒稼ぎを狙う

高島屋「北海道物産物産展」出店を目標に、荒稼ぎを狙う川合俊一さんが知られざる北海道グルメを探す。これは、株で追い詰められながらも北海道でもがき、最後の最後まで金を追い続けた男の逆転につぐ逆転の物語である。

去年はアベノミクスの波に乗り、株で900万円を荒稼ぎしたデイトレーダー川合俊一さん。しかし2014年の今年に入り、日経平均株価は急降下。そんな川合俊一さんが株で損した額400万円。そこで目をつけたのが、一週間で集客5万人以上という売上億単位のビッグビジネス・北海道物産展。

高島屋敏腕バイヤーからの情報をもとに、酪農王国・十勝で肉グルメを探して訪れた北海道。実は、ここ十勝は豚丼発祥の地としても有名で、帯広市内には200軒以上の豚丼専門店が点在。そのなかには、過去に高島屋物産展で大ヒットした「旬彩高心(こうしん)」の豚丼や「ドライブインいとう」とろ~り温泉たまご豚丼などがある。

まだまだ埋もれているであろう絶品豚丼や北海道グルメを見つければ、一獲千金も夢ではないと目論み、美味しいお店を探して出店交渉。

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?