ミニヨン「瀬戸内レモンケーキ」宇梶剛士オススメ広島 | 旅サラダ

2014/09/06    0   0洋菓子
宇梶剛士さんオススメ広島県「ケーキハウス ミニヨン」の瀬戸内レモンケーキを、朝だ!生です旅サラダでお取り寄せ。スイーツ男子の宇梶剛士さんが出会ったミニヨンの瀬戸内レモンケーキは、レモンピールとレモン果汁たっぷりの甘酸っぱくしっとりした優しい味わい。

朝だ!生です旅サラダ(朝日放送)日本全国コレうまかろう!絶品お取り寄せ。

ケーキハウス Miniyon(ミニヨン)

Miniyon 瀬戸内レモンケーキ 5個入 1,080円

甘いものが大好きという甘党・宇梶剛士さんが紹介したのが、広島県広島市、JR広島駅から徒歩5分ほどの場所にある「ケーキハウス ミニヨン」。昭和58年創業の洋菓子店で、多い日には7000個も販売するバカ売れシュークリームなど様々なスイーツを販売。

なかでも宇梶剛士さんオススメの絶品スイーツが、広島県特産のレモンをふんだんに使った瀬戸内レモンケーキ。

瀬戸内レモンケーキ 5個入り 1,080円

しっとりとした食感で、パターの風味とレモンの酸味が融合したケーキ。“みかんの島”と呼ばれている豊島(大崎下島)の「大長レモン」を使用。

ケーキハウス Miniyon 中川寿志さん

広島県はレモンの生産量が日本一ですので、(お客様から)レモンを使ったケーキを作ったらどうかと言われ半年かけて作りました。甘酸っぱく、一度食べたら必ずもう一度食べたくなるような味に仕上げております。

瀬戸内レモンケーキ美味しさの秘密

瀬戸内レモンケーキ美味しさの秘密

レモンケーキはすべて手作りされており、味の決め手となるのが数時間かけて煮詰めた自家製レモンピール。香りが良くて甘みと酸味のバランスが良いという、大長レモンの果汁をレモンピールにたっぷりと注いだら、味を馴染ませるため3日間漬け込む。

そして3日後、小麦粉、卵、バター、砂糖、サワークリームなどを混ぜ合わせたケーキ生地に、レモンピールをIN。ここからさらに美味しくなるひと手間として、しっとり感を出すために丸1日冷蔵庫で生地を寝かせます。

こうして翌日ケーキ生地をレモン形に絞り出し、オーブンで1時間かけて焼き上げるレモンケーキ。焼きあがったケーキを冷ましたら、レモン風味の黄色いチョコレートで表面をコーティング。バターの風味と甘酸っぱいレモンの香りが口いっぱいに広がり、紅茶との相性バツグンです。

キッカケは「ゆずすこ」と「レモスコ」検索

柳川 高橋商店 ゆずすこバラエティー4本セット 2,160円

しっとりとした生地に、レモンの深い香りも存分に感じられる優しい甘さのレモンケーキ。甘過ぎないところが宇梶剛士さんのお気に入りという瀬戸内レモンケーキですが、その出会いは調味料についてのネット検索。

実は、福岡県柳川市の「高橋商店」が作る液体ゆず胡椒「YUZUSCO ゆずすこ」、辛い・すっぱい新感覚調味料「LEMOSCO レモスコ」を調べていて辿りついたそう。

「ケーキハウス Miniyon」のレモンケーキやブランデーケーキは、47clubからオンラインショッピング、または店舗へのFAX・電話で注文&お取り寄せ可能。

47club - ミニヨン

http://www.47club.jp/33M-000072qpy

Miniyon

http://www.e-miniyon.jp/

Miniyon

関連ランキング:ケーキ | 広島駅広島駅駅猿猴橋町駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?