• 熟成肉ステーキ飯田橋グリルド エイジング・ビーフ | TOKIOカケル

熟成肉ステーキ飯田橋グリルド エイジング・ビーフ | TOKIOカケル

2014/11/27    0   0おいしい情報
肉好きな瀧本美織さんにオススメの熟成肉。そこで東京・飯田橋に本店を構える「グリルド エイジング・ビーフ」から、鹿児島県産黒毛和牛の熟成肉ステーキが登場。一定の条件で5~6週間熟成させた熟成肉に、瀧本美織さんも「旨みが攻めてくる」と大満足。TOKIOカケル(フジテレビ)瀧本美織&TOKIOおしゃべりお肉パーティー。

グリルド エイジング・ビーフ

本場アメリカから上陸した熟成肉ステーキ店など、新しいお店も続々オープンしている、巷で話題の熟成肉。そこで、お肉の中でも特にステーキが好きな瀧本美織さんに用意した希少なお肉が、JR飯田橋駅から徒歩3分の場所にある熟成肉専門店「グリルド エイジング・ビーフ」の赤身ステーキ。

熟成肉とは

特徴はその名の通り、お肉を一定期間寝かせて旨みを引き出すという熟成。数ある保存法の中でも本場アメリカで主流となっているのが、ドライエイジング。一定の条件でお肉に風を当て続け、余計な水分を飛ばしタンパク質などの旨みを凝縮させる。

そんな熟成肉でオススメなのは赤身肉。通常のお肉よりも長く熟成させることで、肉の赤身が分解され、うまみ成分であるアミノ酸が2~3倍増加。そのため、旨み・甘み・香りが強くなります。

「グリルド エイジング・ビーフ」の場合は、温度1~3度、湿度60~80%で5~6週間熟成させる。その保存法は、きちんと管理された環境でないと熟成できません。

熟成肉(鹿児島県産黒毛和牛)ステーキ

表面には美味しそうな焼き色がつき、内側はほぼレア状態のような鮮やかな赤身。まずは味付けないで、お肉の味を楽しむ。柔らかくお肉丸出しというほど、お肉の味わいを感じる。

そんな「グリルド エイジング・ビーフ」の熟成肉ステーキに「旨みが攻めてきましたね」と、最高の褒め言葉をおくる瀧本美織さんでした。

時間をおくだけで、どんどんおいしくなる熟成レシピ | 下北沢熟成室 福家征起

グリルド エイジング・ビーフ

関連ランキング:ステーキ | 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?