朝どれフライ腰越漁協販売所つるの剛士オススメ | にじいろジーン

つるの剛士さんのオススメが神奈川・鎌倉「腰越漁協販売所」朝どれフライ。アジやカマスなど揚げたて魚フライを販売し、今では行列ができる湘南の新名物。つるの剛士さんも最近知った穴場スポットで、ぐっさんとアジフライを堪能。

にじいろジーン(関西テレビ)ぐっさんを連れて行くならこんなトコ、つるの剛士さんと湘南エリア散歩。

腰越漁業協同組合販売所

江ノ島電鉄

つるの剛士さんオススメの場所が、神奈川県鎌倉市にある腰越漁港。ここは、湘南名物のしらすが大量に水揚げされる漁港です。

そんな腰越漁港は湘南在住7年になる、つるの剛士さんもつい最近知ったという、地元の人しか知らない穴場スポット。

腰越漁協販売所が提供する、揚げたての魚フライ「朝どれフライ」は、売切れ必至の湘南新名物。2014年4月から朝どれフライの販売を開始し、今や開店と同時に行列が出来るほどの人気ぶり。早い時には30分で売切れることもあります。

鉄製・天ぷら鍋「IHたっぷり深型揚げ鍋」20cm(フタ付)

  • 保温性に優れた鉄製の揚げ鍋
  • 価格 : 1,793円

腰越漁協名物!朝どれフライ

アジフライ

今日の朝どれフライ アジ 200円/カマス 150円

その日に獲れたアジを、新鮮な卵と生パン粉でカラっと揚げた朝どれフライは、外の衣はサクサクとして、中の魚はとってもジューシー。開いたアジフライは大きくて厚みもあり、かなり食べ応えがありそう。この時期のアジは特に脂のノリの良く肉厚な身は、最高の美味しさ。

この日はアジフライを頂く、つるの剛士さん&ぐっさん。そして、つるの剛士さんオススメの食べ方がソースではなく、塩をふりかけて食べるシンプルな味付け。

漁協が提供する魚だけに味・質は間違い無し。海の幸が豊富で、新鮮&美味しい魚を食べられるのも湘南の魅力です。※朝どれフライは、時期や魚の種類によって値段が異なります。

腰越漁協販売所

関連ランキング:コロッケ・フライ | 腰越駅江ノ島駅湘南江の島駅

つるの剛士さんの湘南ライフ

キャンプ

1975年5月26日生まれ、福岡県出身。現在4人の子供を持ち過去にはベストファザー賞も受賞した、アットホームで家庭や家族を大切にする良きお父さんの印象が強い、つるの剛士さん。

2014年にキャンピングカーアワードを受賞し、その特典は『キャンピングカー一年間貸与』ということで、ぐっさんとの待ち合わせには、黒塗りのキャンピングカーで登場。

ずっと藤沢市に住むことを望んでおり、7年前に移住。狙っていた物件がタイミング良く空いたことで、サラっと引越し。当時は都内の賃貸マンションも借りていましたが、どんなに忙しくても湘南の自宅に帰る生活を送っていたそう。

つるの剛士さんにとって“東京=仕事をする場所”という感覚のため、戸塚料金所を降りた瞬間にリセット。

そして、3年前から畑を借り「つるのいも」という芋を栽培。販売すると完売してしまったということで、その人気に後押しされ現在改めて栽培中。今では4人の子供たちが運んでくれる人の縁を大切に育み、周りの人たちと一緒に人生を楽しんでいるという印象です。

つるの剛士さん曰く「子育てがしやすく、大人たちが楽しんでイイ意味でラフ」と語る湘南の街。そんな、つるの剛士さんが通う穴場スポットをぐっさんと巡ります。

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?