チョコいちご山形セゾンファクトリー真壁×本間×天龍 | スッキリ

2015/04/02    0   0洋菓子
山形県の人気お取り寄せ「セゾンファクトリー」チョコいちごを、ハスキー本間のカフェガサガサで紹介。フリーズドライいちごにホワイトチョコレートを染み込ませたチョコいちごは、企業秘密で作る新食感のお菓子。

スッキリ(日本テレビ)スイーツ真壁のうまいッス!ハスキー本間のカフェガサガサにスペシャルゲスト・天龍源一郎が来店SP。最新お取り寄せ&行列の出来るスイーツ。

セゾンファクトリー「チョコいちご」

[数量限定]チョコいちご 100g 1,080円

ハスキー本間が紹介した山形からの贈り物は、新感覚!奇跡のイチゴ。それは、山形県でジャムやドレッシングを製造販売している会社「セゾンファクトリー」が作る、売り切れ続出の新食感いちごチョコレートスイーツ。

チョコいちご 約15個入り 1,080円

円柱の筒型パッケージに入っていたのは、ギュッと小さく凝縮したようなイチゴの粒。イチゴの粒々もしっかり見て取れ、見た目は乾燥いちご。

実はイチゴをフリーズドライ加工し、ホワイトチョコを染み込ませるという新しい製法で作った、その名もチョコいちご。新感覚の味が話題になり売り切れ続出で、現在入荷待ち状態の人気スイーツです。

企業秘密のチョコレート浸透製法

チョコいちご山形セゾンファクトリー

青木アナからの「チョコはどういう風に使ってるんですか?」という質問に「めり込ませてるんじゃないですか?」と、若干やっつけ感漂う説明をするハスキー本間。詳細は企業秘密ですが、フリーズドライにしたイチゴにホワイトチョコを浸透させるという製法で作ったもの。

見た目と裏腹に、ひと口噛めばしっとりとした食感、そして苺の酸味とホワイトチョコレートのとろける甘さがクセになる新感覚のスイーツです。

ドライプルーン×ホワイトチョコ「チョコプルーン」 1,080円

スイーツ真壁

ほぉ~、うまいね。まるで練乳のイチゴみないな感じだね。シャリシャリとした歯ごたえとイチゴの酸味、そしてこのホワイトチョコの甘さ。これがね鼻を突いてくるね。これはうまい!

天龍源一郎さん

まろやかな感じが口の中にふわ~っと広がるね。あとになってイチゴがすーっと鼻に抜けるのがイイね。
チョコいちごについて、山形県出身のハスキー本間が「山形で大人気なんですよ」と説明。しかし、聞き取れなかったようで「わかんないよっ!何言ってるか」と、思わずハスキー本間の頬を平手打ちする天龍オーナーでした。

セゾンファクトリー楽天店では、チョコいちご以外にも生姜ドリンク、ジャム・ドレッシング等のギフトセットがお取り寄せ可能。

セゾンファクトリー・ショップ 楽天店

http://www.rakuten.co.jp/saison-f/

「cafeガサガサ」オーナーは天龍源一郎!

都内某所の一軒家にある「cafeガサガサ」。ここは、プロレスラー真壁刀義のタッグパートナーでお馴染み、衝撃のガサガサ声を持つ本間朋晃が店長を務めるというカフェ。ハスキー本間が独自にリサーチした、全国の絶品スイーツが集結しています。

そして、今回は永久保存版に相応しい、超大物・天龍源一郎がカフェガサガサに登場!実は「cafeガサガサ」のオーナーだという天龍源一郎さんは、かつてジャイアント馬場とアントニオ猪木に勝った唯一の日本人レスラー。プロレスラー界で元祖ガサガサ声を持つ、その名も“ミスタープロレス”65歳。

天龍源一郎さんによると、師匠であるジャイアント馬場さんは甘いものがむちゃくちゃ好きだったそうで、天龍さんも普段からスイーツを食べる様子。

そこで、ハスキー本間が紹介する本日のスイーツ・・・。
しかし聞き取れない説明に「何言ってるか分からない!しっかり説明しなきゃ!この店の信用にかかわるんだから。もう一回!」と、一発愛のムチの入れるスパルタ指導の天龍オーナー。

改めてハスキー本間が説明するも理解不能。それに輪をかけて天龍さんも何を言っているか分からない状況に、スイーツ真壁からは「完全にカオスだな。カオス、カオス・・・」と、うまいッス始まって以来、究極の混沌飽和状態。

天龍源一郎さん

あのね、食い物っていうのはね、食べた時にね感動を与えるから大丈夫だよ。言葉の説明はいらないんだよ。
お店が心配ということで、天龍オーナーは今後ちょいちょい「cafeガサガサ」に訪れる予定のよう。やったぁぁぁー!
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?