はしっこ弁当「アンデルセン」江古田スイーツ真壁 | スッキリ

2015/03/26    0   0スイーツ・お菓子
スイーツ真壁がお花見に用意した東京・練馬区「アンデルセン」のスイーツ弁当。お弁当箱にロールケーキやスポンジケーキのはしっこスイーツを詰めて、生クリームや果物でデコレーションした、洋菓子店「アンデルセン」の甘くてお得なスイーツ弁当です。スッキリ(日本テレビ)スイーツ真壁のうまいッス!激安でうまいワケありスイーツ。

PATISSERIE Andersenのお得スイーツでお花見

お花見にスイーツ弁当

東京都足立区にある千住スポーツ公園で待ち合わせした、スイーツ真壁と青木アナ。桜の開花宣言を受け、いよいよお花見シーズン到来。しかし、曇り空の一輪も咲いていない桜の木の下で、ブルーシートを敷いてお花見を決め込むスイーツ真壁。

「花が開花しちまったらよ、花見客がごった返して花見楽しめねぇだろ?だからよ、花が咲く前に花見は終わらせちまう。頭いいだろ?」という理由で、誰よりも早いお花見を開催。

お花見といえば、春の匂いを感じながらゆっくり過ごしたい。そこで朝からお弁当を作ったり、百貨店でお花見弁当を購入するのも楽しみの一つ。そこでスイーツ真壁が用意したのは、お弁当容器に詰めたスイーツ弁当。

その名も「はしっこ弁当」といい、ケーキ工場やスイーツショップで余ったケーキの切れ端などを詰め込んでいます。

ボリュームたっぷり「はしっこ弁当」

Namikoさん(@na.mi.ko.y)が投稿した写真 -

そんな激安でうまいワケありスイーツを販売しているのは、東京・練馬区の「アンデルセン」。西武池袋線の江古田駅前にオープンして46年になる、地元に根付いた地域密着型の洋菓子です。

「アンデルセン」では、ケーキを作る上でどうしても出てしまう、ロールケーキやスポンジケーキなどの切れ端を新たな形にして再利用。お弁当箱に生地をぎっしりと敷き詰めたら生クリームで覆い、その上にイチゴなどのフルーツやカステラをトッピング。こうして見た目をお弁当のようにデコレーションした、スイーツ弁当を提供しています。

はしっこ弁当 450円

余り物を使用するため何が入っているかは日によって違いますが、ケーキ3個分ほどのボリュームがあり、食べ応え充分。

スイーツ真壁

うまいぞ、これ。あのね、不思議なの。これ弁当でしょ、でも食べてるとスイーツなんだよ。頭の中がテンパっちゃっておかしくなっちゃうね、これ。面白いわ、混乱しちゃう。

アンデルセン

関連ランキング:カフェ | 江古田駅新桜台駅新江古田駅

プティ・ガトーのデコレーション・メソッド

  • 著者 : 熊谷裕子
  • 価格 : 1,620円
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?