玉子焼き「鳥近」甘くジューシー東京手みやげ|L4YOU

2015/05/07    0   0おいしい情報
東京・日本橋人形町「鳥近」名物の玉子焼きを、L4YOU(テレビ東京)で紹介。大正時代から続く「鳥近」の玉子焼きは全て店内で手作り。創業以来、秘伝のダシを加えた甘くジューシーな玉子焼きで、ひとつずつ丁寧に焼き上げられた万人受けする味。

L4YOU(テレビ東京)久保田磨希が行く!もらって嬉しい、贈って楽しい珠玉の手土産グルメ。

鳥近

玉子焼き

母の日目前!喜ばれる手土産や贈り物として自慢できる、お持ち帰り可能な極上手みやげを、女優・久保田磨希さんが巡ります。

まず訪れた中央区日本橋人形町にある「鳥近」は、大正5年創業の老舗とり肉屋さん。そんな「鳥近」で人気の手土産が、名物の玉子焼き。

玉子焼 850円

多い日だと1日500本近く売れる、冷やしても美味しいの玉子焼き。味は甘くダシの香りが鼻を抜ける、おやつにもなる逸品。半熟のような柔らかい食感と、甘い味付けが女性に喜ばれるジューシーなダシ巻き卵です。

そんな、下町名物「鳥近」の玉子焼きは全て店内で作られており、専門の職人さんがひとつひとつ手作業で丁寧に焼き上げています。

ericaさん(@emaplus)がシェアした投稿 -

「鳥近」の玉子焼きを買いに来たお客さんによると、「東京みやげはこれがナンバー1!」「誰が食べても嫌いっていう人がいません」「家族全員がおいしいと言っている」「誰にあげても大喜びされ『また買ってきて』と言われる」など、評判は上々。

気軽に購入できて万人に喜ばれるのが人気の秘密のようです。

おすすめ手土産ポイント

秘伝のダシと新鮮な卵で作っている「鳥近」の特製玉子焼き。

大正時代から続く伝統の味であり初代・木越近忠さんが、当時は高価だった卵をふんだんに使い、自分好みの甘く贅沢なだし巻き卵を作ってお店で販売してしたところ大人気になったそう。

焼き方や材料の配合は当時のまま。門外不出の甘辛い濃厚なダシをたっぷりと使うので、卵が固まりにくく焼くのは至難の業。「鳥近」の玉子焼き専門スタッフによると、その日の気温や温度によっても卵液の状態が違ってくる難しさがあるそう。

お持ち帰り用の袋は卵のだしを逃がさない密閉パック入り。弾力があり、ダシが香る玉子焼きは、焼きたては勿論、冷蔵庫で冷やしても美味しく召し上げれます。人形町駅から徒歩1分圏内の場所にある「鳥近」。店内で焼いており、いつでも購入です。

鳥近

関連ランキング:鳥料理 | 人形町駅水天宮前駅浜町駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?