ノイエス赤坂ドイツ料理カフェのバウムクーヘン|ヒルナンデス

東京・赤坂「ノイエス」を、ヒルナンデス(日本テレビ)よこバスツアー!で紹介。赤坂にある穴場カフェ「ノイエス」は、ドイツパンやウィーン菓子が楽しめる、ドイツ大使館も御用達のお店。店内で焼く人気のバームクーヘンを、横山裕&ELTいっくんが堪能。ヒルナンデス(日本テレビ)発見探検100円よこバスツアー!ちぃばす編。

Neues

バームクーヘン

途中下車したのは、高橋是清翁記念公園前バス停。高橋是清といえば第20代首相。その風貌から“だるまさん”と呼ばれ親しまれていたが、二・二六事件で暗殺された人物。

バス停の目の前にある記念公園は、高橋是清総理が住んでいた邸宅跡地に作られた、緑豊かな都会の癒しスポット。バス停近くはカナダ大使館、カンボジア大使館などがあり国際色豊かなエリアです。

そして、この場所にはドイツ大使館の方々がよく訪れる、ドイツ人に人気の穴場カフェが存在。訪れたのは、地下鉄・青山一丁目駅より徒歩5分のドイツ文化会館の中にある「ノイエス」。本場で修業したシェフが作るドイツのパンやウィーン菓子、料理の専門店で、地元の方々にも愛されているお店。

シュヴァルツヴェルダー 480円

針葉樹林をイメージしたドイツの定番のチョコレートケーキ。

イチゴのシュトゥルーデル 500円

たくさんのイチゴをカスタード生地でロールケーキのように包み、オーブンで焼いた季節のケーキ。

ソーセージ盛り合わせ 1,500円

ドイツ発祥のキャベツ漬物ザワークラウトを添えた、ソーセージ盛り。ドイツビールと一緒に頂きたい一皿。

何度でも食べたくなる、わが家のレシピ ドイツの焼き菓子 門倉多仁亜 1,512円

自家製バームクーヘン

ドイツ伝統のお菓子と言えばバームクーヘン。しかし、ドイツ人のほとんどはバームクーヘンを食べていないという事実。「ノイエス」のシェフ・野澤孝彦さんによると「世界中で日本人が一番多く食べている」という、根底を覆すような衝撃の告白。

ドイツ生まれですが、発祥国ではそれほど一般的でないバームクーヘン。逆に日本でバウムクーヘンが人気になった理由は、バウムクーヘンを焼く工程で出来る木の年輪のような模様。諸説ありますが、年輪模様が縁起の良いお菓子として受け入れられたそう。

バウムクーヘン 1,300円

お店で焼く、イチオシの手作りバームクーヘン。生地はバター、卵黄、アーモンドペースト、メレンゲ、小麦粉を入れてよくかき混ぜたら完成。専用の器具に生地を塗り、オーブンで回しながら焼き上げる。その工程を繰り返すこと約20回、完成までは約1時間かかると言う手間暇かかった、こだわりのバームクーヘンです。

バナナは入っていないのに、お客さんから「バナナ入ってます?」と聞かれることもある独特な甘み。言われてみれば確かに感じるバナナ風味の理由は、隠し味にラム酒を塗っていること。生地の甘さとラム酒が混ざることで、バナナのような風味が出るそう。

Every Little Thing 伊藤一朗さん

安心できる味ですね。甘みが、市販品のものは強いじゃないですか。これはスーっと優しく入ってくる。

関ジャニ∞ 横山裕さん

ほんまや、スーっと入ってくる。甘さが絶妙ですね。生地の旨みがスゴイする。何ですかこの甘みって。

[パティスリー キハチ]バームクーヘン 8個入 2,160円

ノイエス

関連ランキング:カフェ | 青山一丁目駅赤坂駅赤坂見附駅

発見探検100円よこバスツアー!

100円で乗れるミニバスに乗って東京散策。気になるバス停で途中下車し、バスに乗らなきゃ見つけられない地元の超穴場スポットを巡る。Every Little Thingのギター“いっくん”こと伊藤一朗、100円バスをこよなく愛する真鍋かをり、TRFのDJ KOOがよこバス添乗員として参加。

今回は、港区内を循環する100円バス「ちぃばす」に乗り込む一行。「ちぃばす」が走るルートは赤坂、麻布西、田町、芝、麻布東、青山、高輪、芝浦港南の全8ルート。この日は六本木ヒルズ・東京ミッドタウン・赤坂サカスを結ぶ、都会のど真ん中を走る赤坂ルートに乗りこみ、全部で26個のバス停から、気になる場所で途中下車。

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?