• 駄菓子屋めし「ひばり」たこ焼サンドたこせん竹ノ塚 | マツコ有吉の怒り新党

駄菓子屋めし「ひばり」たこ焼サンドたこせん竹ノ塚 | マツコ有吉の怒り新党

2015/07/23    0   0おいしい情報
東京・竹ノ塚「ひばり」の駄菓子屋めしを、マツコ有吉の怒り新党(テレビ朝日)で紹介。老舗駄菓子店「ひばり」の駄菓子屋めしは、タコヤキをたこせんべいでサンドした、その名も“たこせん”。関西発祥のタコヤキたこせんサンドを、関東で初めて取り入れたと言われる草分け的なお店です。マツコ有吉の怒り新党(テレビ朝日)新3大・やみつきになる駄菓子屋めし。

ひばり

駄菓子屋めし「ひばり」たこ焼サンドたこせん竹ノ塚

東京・足立区、竹ノ塚駅から徒歩15分にある「ひばり」。たこ焼き、お好み焼きの暖簾も掲げ、二足の草鞋を履く駄菓子屋さん。そんな「ひばり」は、戦後まもない1950年頃に創業した老舗駄菓子店で、現在67歳の店主・山澤恵子さんが一人で切り盛りしている。

そして、店内に入ると常時約400種類の駄菓子が並ぶ「ひばり」で食べられるのが、大阪のソウルフード・たこ焼きを手軽&リーズナブルに味わえる駄菓子屋めし。

たこせん マヨネーズあり 150円

たこせんべいでタコヤキをサンドし、外はパリパリ&中はトロトロのたこ焼が3個入った満足いくボリューム感。その食べ方は、たこせんとたこ焼が一体化するように潰し、ペチャンコにして食べるのが流儀。

たこ焼をたこせんで挟むのは関西が発祥といわれており、その昔トレーのポイ捨てに悩んだたこ焼店が、トレー代わりにたこせんを使用したことが始まり。そんな大阪のソウルフードを駄菓子屋に取り入れた「ひばり」は、サンドするのも自家製タコヤキ。

たこせんレシピ

【材料】

  • たこやき ・・・ 3玉
  • たこせんべい ・・・ 1枚
  • ソース
  • 青海苔
  • マヨネーズ

【作り方】

  1. 【たこ焼き作り】たこやき器に生地を流し、大粒のタコ、ネギ、揚げ玉、紅しょうがを入れて、たこ焼きを作る。
  2. たこせんべいにソースを塗り、たこ焼きを3個乗せる。
  3. ソース、青海苔、マヨネーズをかける。
  4. たこせんべいの真ん中辺りを竹串等でなぞって半分に割り、たこやきをサンドしたら完成。

子供たちの成長を見届け、大人になった姿を見せに来てくれるのが何より嬉しいという店主。後継者がいないので、残念ながら自分の代で閉店予定。

いつもは取材を断っているという取材拒否の店ですが、有吉さんの大ファンということもあり今回は出演を承諾されたそうです。

駄菓子屋研究家 土橋真さん

元々は関西地方のソウルフードと言われている。そのソウルフードを駄菓子屋として初めてやったのが、関東のこのお店ではないかと言われているんですね。この時代に、おじいちゃんおばあちゃんが行ってた店が、まだ残っているということ自体が貴重だと思う。

ひばり

関連ランキング:たこ焼き | 竹ノ塚駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?