慈げん カキ氷の神おすすめジャガイモ氷 | 白熱ライブビビット

2015/07/27    0   0かき氷・アイス
埼玉・熊谷「慈げん」ジャガイモコーンのカキ氷を、白熱ライブビビット(TBSテレビ)で紹介。「慈げん」は、人気かき氷店の店主も絶賛する“カキ氷の神”の店。夏場は整理券を配布しており、開店前に売り切れ状態。白熱ライブビビット(TBSテレビ)潜入!人だかりMAP、年間1000杯以上食べる専門家・小池隆介推薦!この夏食べたいカキ氷ベスト3。

慈げん

専門家オススメのカキ氷第1位は、高崎線・熊谷駅から徒歩20分。“あついぞ!熊谷”のキャッチフレーズでお馴染み、全国1位の暑さを誇る土地、埼玉県熊谷市にある「慈げん」。

常に行列が絶えず、年間3万人以上が訪れるという超人気店。最長待ち時間6時間にもなり、もはや食べられることが珍しいといえる、幻のカキ氷店です。

そして「慈げん」は、今人気の行列を作るカキ氷店の店主達からも一目置かれる存在。

北品川いちょうの木・店主「多分、かなう所いないと思うんです」。三軒茶屋・和キッチンかんな店主「目指すお店、目指すカキ氷です」。渋谷セバスチャン店主「カキ氷界の人間国宝といっても過言ではない」と、有名カキ氷店が大絶賛する神のような存在。

そんな“カキ氷界の神”こと「慈げん」店主・宇田川一孝さん。夏場は猛暑のなか並ぶお客さんに申し訳ないという神の配慮で、整理券を発行。ただし毎日150人分用意される整理券は、開店前に売り切れてしまう。さらに、整理券配布後も200人ほどのお客さんが訪れるそうですが、残念ながら食べることができずお引取り頂く状態。

にっぽん氷の図鑑かき氷ジャーニー

  • 著者 : 原田泉
  • 価格 : 1,296円

カキ氷メニュー

@eringer419が投稿した写真 -

「慈げん」のカキ氷メニューは全部で45種類。なかでも一番人気が和三盆レモンのさっぱりフレーバー。

和三盆レモン 780円

高級和菓子に使用される四国産の砂糖・和三盆糖で作られた極上シロップと、爽やかなレモンが織り成す極上カキ氷。綿菓子のようにフワフワと繊細な氷は、食べれば羽毛のようなフワっとした軽さがあり、スっと溶けて喉越しも爽やか。

ふわふわ氷の秘密

カキ氷界の神が作るフワフワと軽いカキ氷の秘密、それは氷の温度。冷蔵庫に入っている氷は通常マイナス20℃くらいですが、「慈げん」では一晩かけて氷の温度を上げたものを、カキ氷として提供。氷の温度を溶ける直前のマイナス2℃まで上昇させることで、口溶けなめらかなフワフワ氷に仕上げています。

抹茶ミルクあずき 930円
ミルクココア 700円
ザ・すいか 800円
ザ・あんず 780円

表参道「GLACIEL」レフォリグルマンド6種セット

神オススメのじゃがいも味

慈げん カキ氷の神おすすめジャガイモ氷
そんな“カキ氷の神”がどうしても食べて欲しいのが、じゃがいもソースのカキ氷。「ジャガイモを食べない奴は人生損する」と豪語する自慢の一品。他ではお目にかかれないジャガイモを使ったカキ氷は、神曰く「1回食べると、ジャガイモ好きは絶対ハマる」という。

ジャガイモコーン 760円

自家製じゃがいもソースたっぷりの期間限定メニュー。じゃがいもの冷製スープをペースト状にしたような味わいで、ミルク感もありまろやかな印象。

その作り方は、長野産白土馬鈴薯を蒸かし、マッシャーで細かく潰す。そこに神のみぞ知る絶妙なバランスで、練乳と牛乳を加えてマッシュポテト状態にする。出来上がったジャガイモソースは滑らかで粘りがある、そのままでも充分おいしそう。

そして、厚さ1mmで削った氷の上にジャガイモソースをかけてコーンを乗せる。再び氷、ジャガイモソースの順番繰り返して3層に重ねたらジャガイモかき氷の完成。アクセントに別添えされた塩胡椒をふりかけて頂きます。

慈げん

関連ランキング:かき氷 | 上熊谷駅熊谷駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?