きんつば「榮太樓總本鋪」職人技の絶品和菓子 | 白熱ライブビビット

2015/07/13    0   0和菓子
東京・日本橋「榮太樓總本鋪」きんつばを、白熱ライブビビット(TBSテレビ)お中元特集で紹介。お取り寄せも可能な「榮太樓總本鋪」名大金鍔(なだいきんつば)は、刀のツバをモチーフにした丸型きんつば。日本橋三越本店では、職人が店舗ブースで作る出来立てきんつばが購入可能。白熱ライブビビット(TBSテレビ)潜入!人だかりMAP・お中元にオススメの4大和スイーツ。

榮太樓總本鋪「名大金鍔」

榮太樓總本鋪 名大金鍔 3個入り6個入り12個入り

日本橋駅より徒歩1分の場所に本店を構える「栄太郎総本舗」は、安政四年(1857年)に創業し現在まで158年続く老舗和菓子店。三角形の栄太郎飴、羊羹、あんみつなど、数々の人気商品の中でオススメなのが、江戸時代から作り続けている銘菓・きんつば。

名大金鍔 216円

北海道産小豆で作った粒餡に泊のような薄皮をまとわせて焼いた、職人の技が光る絶品和スイーツ。日本橋三越本店にも出店しており、その人気の秘密は実演販売で出来たてを味わえること。

約2gの小麦粉生地を薄く伸ばし餡子を包むのですが、この工程が職人の技術が最も必要なところ。小麦粉生地が薄すぎて、素人目には包んでいるのすら分からないほどですが、餡を包む皮の厚さは1mm程度。

熱伝導の良い銅板に胡麻油をたらし、包んだ金鍔を指で軽く広げて焼きの工程。上下両面が焼けたら縦にして側面にもしっかりと焼色をつけ、形を整えたら完成。小麦粉生地は強力粉を使っているため、もっちりとした食感で餡と薄皮が絶妙なバランス。焼きたての美味しさはひと味違います。

ずんだ金鍔 216円

白餡と潰した枝豆の餡で作る夏季限定きんつば。

黒豆大福 270円

北海道産小豆がたっぷり入っており、江戸庶民にも親しまれた大福。

日本橋餅 238円

みたらし餡が入った餅を海苔で巻いた甘辛餅。

榮太樓オンラインショップでは、名大金鍔、榮太樓飴、日本橋どらやき、黒豆大福、あんみつ、お赤飯などがお取り寄せ可能。

栄太楼総本舗のお菓子をお取り寄せ

榮太樓オンラインショップ

http://www.eitaroshoji.com/

榮太楼総本舗 本店

関連ランキング:甘味処 | 日本橋駅三越前駅新日本橋駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?