慈げん 食べなきゃ損!じゃがいもコーンかき氷 | アッコにおまかせ

2015/08/02    0   0かき氷・アイス
かき氷専門店「慈げん」じゃがいもコーンを、アッコにおまかせ(TBSテレビ)で紹介。埼玉・熊谷にある「慈げん」は、夏場は整理券を配布する行列必至の大人気カキ氷店。そして店主オススメのカキ氷が、濃厚なじゃがいもクリームソースをかけた、じゃがいもコーンのふわふわカキ氷。アッコにおまかせ(TBSテレビ)アイスマン福留オススメ!この夏食べたい究極の一品。

慈げん

慈げん食べなきゃ損!じゃがいもコーンかき氷
関東で度々最高気温を記録する“あついぞ!熊谷”でお馴染み、埼玉県熊谷市で営業している「慈げん」。かき氷好きなら知らない人は居ない「慈げん」は、他のカキ氷人気店店主も崇める名店。そして、2012年から3年連続で食べログのカキ氷部門1位に選ばれている、口コミNo.1のカキ氷専門店です。

あまりにも行列が出来てしまうため熱中症になってしまうお客さんもおり、夏の暑い時期は整理券を配布。朝8時から配られる整理券(デポジットが千円必要)が無いと入店できないため、お店に行く場合は余裕をもって訪れるなど、時間と対策が必要です。

ウィズ(WIZ) かき氷機 YukiYukiゆきゆき

そんな大人気カキ氷店のおいしさの秘密が、キーンとしないふわふわ氷。専用容器に入れ、氷が溶ける直前まで温度を上げた氷を、カンナのように薄く削ることで口溶けが良いフワフワ食感。こだわりの氷を使ったメニューは40種類以上あり、なかでも店主イチオシの究極のカキ氷がジャガイモコーン。

じゃがいもコーン 821円

長野県産の白土馬鈴薯を蒸かし芋にしてマッシャーですり潰し、練乳とタカナシ3.6牛乳を絶妙なバランスで配合。よく混ぜ合わせて、トロリとなめらかなジャガイモペーストに仕上げていきます。

削った氷とジャガイモペーストを三層に重ね、内部には北海道産トウモロコシの粒を忍ばせているため食感も豊か。仕上げに再度ミルキーなジャガイモペーストで表面を覆ったら、野菜のカキ氷・じゃがいもコーンが完成。

野菜の甘みと上質な氷が溶け合い、まるで高級レストランの冷製スープのような濃厚な味わいが楽しめる究極のカキ氷。その味は店主・宇田川和孝さんによると「食べないと人生損すると思う」という、カキ氷の概念を覆す究極の一杯です。

ひぽさん(@hipo_)が投稿した写真 -

慈げん 店主・宇田川和孝さん

冷凍庫に入っている氷が大体-20℃ぐらいなんですけど、一晩かけて-2度から-4度まで戻して使っています。

慈げん

関連ランキング:かき氷 | 上熊谷駅熊谷駅

関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?