• 櫻井翔お忍び旅行「黒部ダム」ダムカレーを食す | 嵐にしやがれ

櫻井翔お忍び旅行「黒部ダム」ダムカレーを食す | 嵐にしやがれ

2015/08/08    0   0おいしい情報
富山県「黒部ダム」に訪れた、嵐にしやがれ(日本テレビ)櫻井翔のお忍び旅行。黒部ダム建設の難関“破砕帯”にロマンを見出す櫻井翔さんは、今回ばかりは絶対にバレたくないと付け髭で変装。放水にかかる虹、名物ダムカレー(グリーンカレー)、遊覧船など黒部ダムを完全制覇する。嵐にしやがれ(日本テレビ)日本全国・櫻井翔のお忍び旅行、黒部ダム編。

黒部ダム

櫻井翔お忍び旅行「黒部ダム」ダムカレーを食す

無類の旅好き男・櫻井翔が全国津々浦々、日本再発見の旅に出る。そのルールは日本を再発見する前に己が発見されたら旅は終了。最近、発見される機会が多く芸能人としてはOKでも、旅を楽しむ事に関しては不本意な櫻井翔さん。

そこで、気合充分の櫻井翔が今回行きたい旅の舞台は、日本最大級の水力発電ダム富山県立山の黒部ダム。行って良かった無料観光スポットの3年連続ナンバーワンに輝く、日本を代表する名所。櫻井翔によると「これはもうロマンでしょ」と、黒部ダム建設は日本の歴史に残る一大プロジェクト。

そんな黒部ダムに行くルートは以前、櫻井翔さんが訪れた雪の大谷を通る富山県側の入口か、より近い長野県側の入り口の二通り。そこで今回は、長野県側の玄関口となっている扇沢駅からスタート。

気合い十分「ミスは許されない」と使命感を課す櫻井翔さん。今回ばかりは絶対にバレたくないということで、いつものメガネ&帽子スタイルに口ひげとあごひげの付け髭をプラス。まず最初の関門は駅の切符売り場。対面式で購入せざるを得ないのでこれまでの経験上、意外と危ないポイント。

しかし意外にも、ここでは余裕で黒部ダムの往復チケットを購入。その移動手段は排ガス出さない電気で動くトロリーバス。これに乗って16分行ったところがお目当ての黒部ダムなのですが、その途中に櫻井翔さんがロマンを感じる“破砕帯”という壮大なポイントが存在。

破砕帯とは

岩盤の中で岩が細かく砕けた軟弱の地層部分。関電トンネルに入ってから約6分(2600m地点)から、破砕帯は約80メートル続いており、トンネル内の青いサインが目印。

黒部ダム建設上、トンネル工事で遭遇した最大の難所。細かく砕けた岩で形成されるその地層からは毎秒600リットルもの地下水と土砂が吹き出し、たった80メートルを掘り進むのに7ヶ月もの期間を要した。そんな難関突破を描いたのが俳優・石原裕次郎が“生涯イチの映画”と語る「黒部の太陽」。

[Blu-ray]黒部の太陽 3,974円

破砕帯に「一番のドラマを感じる」と、興奮を抑えきれない櫻井翔さんが心待ちにしていたその場所。しかし、トロリーバスに乗車すると破砕帯がココにあったという目印の青いライトを猛スピードで過ぎるだけ。今では10秒で通れてしまいます。

大自然のなかにある大迫力ダム

櫻井翔お忍び旅行「黒部ダム」ダムカレーを食す

そして黒部ダム駅に到着すると、外気温が約22℃なのに対してトンネル内の温度は約10℃と寒いくらい。まず攻めるのは220段の階段を上り、ダムを見下ろす展望台。混雑のピークは8月の夏休み中ですが、平日でもなかなかの人の賑わい。立山連峰を望む壮大な自然に囲まれた大迫力の黒部ダムは“昭和の大事業”といわれた関西地区電力の要。

外階段を降りてダムへと近づくと、黒部ダム名物“放水にかかる虹”が現れる。しかもこの日はダブルレインボーの大サービス。この光景に櫻井翔さんも「はい、持ってる」と自分の運にご満悦。そして、人気のないところで現場レポートを開始。

櫻井翔さん

黒部ダム非常に凄い迫力ですよ。この迫力そのものと同時に、どれだけ大変な苦労されてこういったものが完成したかと思うとスケールの大きさを感じるところがあります。建設期間約7年、延べ1000万人の方々がこちらの建設に携わっております。
その総工費は当時で513億。1950年代の513億円は現在の貨幣価値に換算すると約1兆3000億円。そして、約1兆3000億円でスカイツリーを建設するとしたら20基分に相当。

黒部ダムでは水をミスト状に放水しているのですが、その理由は川の景観を守るため。勢いよく放水して川の岩盤を削らないように工夫されており、霧が立ち込めている様はかなりのマイナスイオンを感じさせます。

バスツアーで行く黒部立山アルペンルート

ふぉっとダム&名物ダムカレー

黒部ダムを一通り観光してお腹が空いたら、旅のお目当てでもある名物のダムカレーにありつく。まさにダムの形のように皿に盛り付けられたダムカレー、これを食べずには帰れない黒部ダムのグルメポイント。

すると、食事のためレストハウスに訪れる途中で発見したのが、黒部ダムオリジナルの自動記念撮影機“ふぉっとダム”。ワケも分からず撮影が始まってしまった櫻井翔さんでしたが、撮影後に出てくる受付票をダムのレストハウスに持って行くと、黒部ダムの放水シーン写真と交換してくれるという仕組み。

この時点で画像はお店に転送済みのため、お忍び旅行としてはハードルが上がってしまうのですが、意外とすんなりと写真をゲット。店員さんと対面式で縦横お気に入りの構図を選ぶと、1枚1,200円で黒部ダムとの壮大な記念写真入手できます。

ダムカレー 1,080円

ごはんの隣には湖の色をイメージしたほうれん草のグリーンカレー&ヒレカツをトッピング。櫻井翔さん的には「本当はエメラルドグリーンカレーと呼びたいくらい」と言わしめる、美しいカレーの色が特徴。色鮮やかなグリーンカレーの美味しさに大満足。

遊覧船ガルベ 1,080円/30分

最後は湖を遊覧船に乗ってお忍びフィニッシュ。最後までバレることなく黒部ダムの大自然を満喫し、お忍び旅行大成功。

人気の黒部ダムツアーを探す

黒部ダム

http://www.kurobe-dam.com/
関連記事

SHOPPING

こんな記事も読まれています


PR

よく読まれている人気の記事


Comment 0

What's new?